スプラッシュ マウンテン 工事。 連休明け5月7日から、TDLスプラッシュなど5アトラクが4か月の休止期間|Disney Colors

米ディズニーパーク、スプラッシュ・マウンテンのリニューアルを発表

スプラッシュ マウンテン 工事

この記事の目次• 絶叫マシーンが苦手な人のためのスプラッシュマウンテン解説!! 絶叫マシーン苦手な私が、絶叫マシーンが苦手な方向けにディズニーランドの絶叫マシーンがどんな感じなのか、ジェットコースター嫌いの人が乗っても平気なのかを徹底解説するこの企画。 今回はスプラッシュマウンテンです。 乗ってからの流れや、落ちる回数、それぞれのドロップポイントの恐さの度合い等、事前にどんな感じなのかしっかりと把握しておきたい方のための情報を紹介します! スプラッシュマウンテンの特徴、コース、恐怖度 ビッグサンダーマウンテン、スペースマウンテン、スプラッシュマウンテンの3大マウンテンの中では恐さは最高レベルです。 スペースマウンテンの方が苦手という方も沢山いますが、私のように内蔵がフワッと浮く感じが苦手な人にとスペースマウンテンよりもスプラッシュマウンテンの方が恐いと思います。 絶叫好きの人にとってはスペースマウンテンもスプラッシュマウンテンも全然物足りないらしいですが私には到底理解出来ません…。 スプラッシュマウンテンは8人乗りの船に乗って、かわいい物語が繰り広げられる世界をゆっくりゆっくり進んでいきます。 その中でドロップポイントが全部で4つあるのですがそれぞれ落ちる長さが違います。 ずっとゆっくり進んでいるのに落ちる時はぐんと落ちるので、体が慣れていないぶん余計に恐く感じます。 しかも落ちるポイントはほとんど真っ暗なので、最前列でも先が見えません。 フワッとする感じもそれぞれのポイントで大きめ。 フワッとする感じが苦手な私にはビッグサンダーマウンテンやスペースマウンテンよりずっときついです。 ビッグサンダーマウンテンとスペースマウンテンは乗りなれた私でもスプラッシュマウンテンに乗る時はかなり躊躇します…。 それでも、スプラッシュマウンテンの世界観は大好きなので、毎回1回は乗るようにしてます。 中で流れている音楽が楽しくて、ディズニーに来たなーって感じになれるんです。 フィニッシュの滝壺ドロップの事を考えると悠長に楽しんでもいられないんですけどね 笑 スプラッシュマウンテンのコース 記憶を便りに書いているので間違いがあったらすみません。 ほとんど合ってるはずです! 乗る前に事前にコースを知っておきたい人向けに、落ちるタイミングや、それぞれの落ちるポイントの恐さを紹介します。 まず、乗車時間についてですが、ビッグサンダーマウンテンやスペースマウンテンが3〜4分であるのに対し、スプラッシュマウンテンは10分以上あります。 ゆっくりと進んでいく分とても長いです。 乗り場から船に乗り込むと水の流れに乗って洞窟の中をゆっくりと進んでいきます。 乗り場を抜けるとコースは左に曲がってすぐ上り坂に。 楽しげな音楽が聞こえる中、坂道を登り切ると洞窟から外へ出ます。 洞窟を出るとスプラッシュマウンテンを外から眺めてるお客さんの脇を通って左に曲がっていきます。 ここで手を降るとノリのいい人が振り返してくれます。 また、タイミングがいいと、滝壺を落ちていく他の舟に乗っている人の悲鳴が聞こえ、恐怖感を煽られます 笑 左に曲がるとまた上り坂へ。 この上り坂を登りきってもまだすぐには落ちませんが、そろそろ心の準備をしておきましょう。 登りきった後は、しばらく水平な川をゆっくりと進んでいきます。 楽しい音楽が聞こえてきますが、ここを過ぎると最初のドロップポイントが来ます。 私はいつもここでビクビクです 笑) 右側の景色が開けて来ると、左にゆっくり曲がっていき、すぐ前に洞窟が見えます。 同時にザーっと水が強く流れる音が聞こえてきます。 ドロップの坂道を水が流れ落ちていく音です。 ここが最初のドロップポイント。 洞窟の中は真っ暗。 最前列に座っていても先が見えず、どのタイミングで落ち始めるのかが全然わかりません。 ボートが下に傾き始めたなっと思ったら間髪入れずに加速、浮遊感がぐわーっと来ます。 スピードや落ちる長さは4つあるドロップの中で下から2番目。 下から二番目とはいえ、結構フワッと来るので苦手な人には充分恐いです。 このドロップの時点で、ビッグサンダーマウンテンとスペースマウンテンを合わせてもこれまでで一番長いドロップです。 浮遊感が苦手な人はもうこの時点で引き返したくなるでしょうがもう手遅れです…。 せっかくなので雰囲気を楽しむ事に切り替えましょう。 楽しげな世界観と落ちる恐怖感のギャップが病みつきになるかもしれないです 私が恐いのに毎回スプラッシュマウンテンに乗ってる理由もこれが味わいたいからです。 最初のドロップを過ぎた後は、しばらくロジャーラビットの世界を表現した部屋をいくつか通り過ぎていきます。 いくつか部屋を通り過ぎると二つ目のドロップポイント。 こちらも1回目同様、辺りが暗くなったかと思うと水の流れ落ちる音が聞こえてきます。 2回目のドロップポイントは一回目よりもやや強め。 苦手な方はしっかりと身構えておきましょう。 このドロップを過ぎると、これまでの部屋とは違った、蜂が飛び交う妙な空間を通り過ぎていきます。 この部屋が終わるとすぐに3つ目のドロップポイント。 1回目と2回目の間は結構間が空きますが、2回目と3回目は、間に一部屋しか無いのであっという間です。 でも、3回目のドロップポイントは恐さはだいぶ控えめ。 1回目の2回目を過ぎた後なので、大して恐くは感じません。 3回目のドロップを過ぎると、再び楽しそうな空間へ。 楽しそうですが、いよいよクライマックスの滝壺ダイブが近づいてきます。 楽しげだった雰囲気が徐々におどろおどろしい雰囲気になり、音楽も暗くなってきて一気に緊張感がアップ。 そして目の前に長い上り坂が見えてきます。 坂の前では順番待ちの舟が渋滞してる事が多く、運が悪いとかなり焦らされます。 前の舟がある程度高い所まで登っていくと今度は自分たちの番、ゴム製のベルトに引っ張られ、上に登っていきます。 薄暗い中を登っていきますが、坂の頂上は屋外に出るようになっています 外から見える滝の落下ポイントはここです。 坂を登り切ると平になっている部分もほとんど無く、上向きだったボートが徐々に傾き始めます。 一番ドキドキする瞬間です。 前のボートの位置によっては水平になった状態ではここで少し停止する事もあります。 焦らされているみたいで凄く嫌! なんの前触れもなく動き始め、気づいた頃にはボートは急降下。 落ちている時間は一瞬なのでしょうが、フワッという浮遊感は強烈で、しっかりと落ちている感を感じます。 ジェットコースター苦手な人が一番嫌なやつです。 落ち切ると同時にものすごい水しぶきが飛んできます。 季節によって水量は変わるそうですが、夏場で最前列に乗っていると口を空けているとドバドバ入ってくるぐらいの水量です 笑 2列目でもそこそこ飛んできますが、3列目、4列目はそれほどでもないので、化粧崩れや服が濡れるのが心配なら、乗り込む時にキャストさんに後ろの方に乗りたいんですけど、と言えば快く応じてくれます。 私はびしょ濡れになりたいのでいつも最前列に乗ってます 恐いから前が良く見える所に乗りたいというのもありますけどね… さて、フィニッシュのドロップが終わってもスプラッシュマウンテンはもう少し続きます。 とは言ってももう落ちることはありません。 最後はZip-A-Dee-Doo-Dahが流れる楽しげな部屋を通っておしまい。 私はここでのZip-A-Dee-Doo-Dahが凄く達成感が味わえて大好きです。 これを聞くためにスプラッシュマウンテンに乗っていると言っても過言ではないくらい。 そんな楽しい音楽の余韻と、びしょ濡れになった髪と服が「よーし、スプラッシュマウンテンも乗れたし、残りの時間もディズニーランド楽しむぞー」っていう気持ちにさせてくれるんですよね。 絶叫マシーン好きな人にとっては「スプラッシュマウンテンごときで何言ってんだか笑」と思われるでしょうが、恐がりな人にとってはスプラッシュマウンテンに乗るだけでも相当な覚悟が必要なんですよ! 身近に絶叫マシーン嫌いの人がいたら少しだけ気遣ってあげてくださいね 切実に 恐がりな人にとってのスプラッシュマウンテンまとめ 結論ですが、絶叫系が苦手な人にとってはスプラッシュマウンテンはかなりきついと思います。 外から見ていると落ちるのは1回だけに見えますが、見えないところであと3回落ちています。 前述したように、落ちるポイントの間は終始ゆっくりと進んでいくので、落ちるポイントにつく頃には体がスローペースに慣れちゃって、毎回新鮮な感覚で突き落とされます。 落ちるポイントはどこも暗かったり、前が見えなかったりするので、踏ん張るタイミングもいまいち掴めません。 もし一回目のドロップで「ヤバイこれ無理かも!」と思ってしまったら残りの10分弱の間、ずっと恐怖に怯えることになってしまいます 笑) スペースマウンテンなら隣の人にバレないようにこっそり踏ん張っていれば何とかなるかも知れませんが、スプラッシュマウンテンは最後のドロップで写真撮影がある事もあり、怯えたり踏ん張ったりしている所を撮られて、思いっきり公開されます 笑 絶叫マシーン苦手な人にとっては、ある意味ではこの写真撮影もスプラッシュマウンテンを恐くさせているポイントなのかもしれないですね 笑 さんざん恐いぞ恐いぞと煽っておいてアレですが、せっかくディズニーランドに行くのであれば1度乗ってみるととてもいい思い出になりますよ。 ひょっとしたらフワッとする感じが気持ちよく感じるタイプかも知れません。 私の友人にも、スペースマウンテンは絶対乗れないけど、スプラッシュマウンテンは全然恐くないと言っている人もいます。 その人はとにかく揺れる乗り物が駄目で、ガタガタ体を揺さぶられるとすぐ寄ってしまうタイプの人です。 自分の体の特性を探るためにも、スプラッシュマウンテンはいい指標になるかも知れませんよ。

次の

連休明け5月7日から、TDLスプラッシュなど5アトラクが4か月の休止期間|Disney Colors

スプラッシュ マウンテン 工事

このアトラクションが存在するパーク [ ]• () 概要 [ ] 丸太のボートに乗って沼地を流れていき、映画『』の童話の世界を巡りながら、最後にはチカピンヒル( Chickapin Hill, Chick-A-Pin Hill 現スプラッシュ・マウンテン)の頂上から滝つぼ(いばらの茂み)に向かって落下していく、急流下りのアトラクション。 ボートの先端には、アトラクションの主人公であるブレア・ラビットがいる。 ストーリー [ ] 様々な悩みを抱えているブレア・ラビットは「笑いの国」という場所があることを聞き、早速荷物をまとめ「笑いの国」を目指して旅に出かけた。 しかし、そのブレア・ラビットを狙うブレア・ベアとブレア・フォックスがあとを追う。 2匹は、キレ者のブレア・ラビットに手を焼きつつも、遂に捕まえることに成功する。 2匹はブレア・ラビットを早速食べるつもりだったが、ブレア・ラビットに「いばらの茂みにだけは絶対に投げ込まないでくれ」と懇願されると、いじわるな笑みを浮かべて茂みへと投げ込む。 しかしブレア・ラビットが投げ込まれた、いばらの茂みの中は自分が住んでいる国。 2匹をうまく騙し、無事家に帰ることができたブレア・ラビットは、自分の住んでいるいばらの茂みこそが「笑いの国」だと知る。 題材変更へ [ ] 本アトラクションのテーマとなっている『南部の唄』が描写の問題によるからの抗議を受けて、とにアトラクションが展開される前の1986年から該当の映画はの扱いとなっており、2020年時点でもが「時代に適していない」として、この方針を変えていない。 そのため、2020年に発生したが世界各地に拡大した際に本アトラクションについても設置の是非や同じの『』 などといった、他の作品をテーマにしたアトラクションに改変を求めるが発生した。 2020年6月25日、ディズニーはアメリカ国内(・)の本アトラクションの設定を変更し、『プリンセスと魔法のキス』をモデルにした施設に改装することを発表した。 日本()の本アトラクションの処遇について、東京ディズニーランドを運営しているはやなどの取材に対して、「(題材変更は)アメリカで決まったことなので、現時点でのリニューアルについてはまだ決まっていないが、ウォルト・ディズニー・カンパニーとの間で検討を始めている」とのコメントを発表しており、日本についても、題材変更の可能性があることを示唆している。 開業当初は世界最長のウォーターシュートであった。 他のパークにあるスプラッシュ・マウンテンと決定的に異なるのは、ボートの構造が縦1列6人乗りで、腹部を固定する安全バーがないという点である。 他のパークは2人4列の計8人乗りで、安全バーが付いている。 そのため水路の幅も他のパークに比べて狭い。 また落下の回数は3回と、他のパークに比べて1回少ない。 アトラクション内で流れる音楽も他のパークのものとアレンジが異なっていたり、「How Do You Do? 」から「Ev'rybody's Got A Laughin' Place」の切り替わりが他パークに比べ遅く、ハチの巣に落下してからとなっている。 体験時間が他パークより若干短く展開が早いが、登場する動物は3パークの中で最も多い。 フロリダ版の基本的な構造は、東京ディズニーランドのものと同じである(フロリダ、東京ともにオープンが1992年であるため、両方のパーク共同で開発されたと思われる)。 東京版とは、ライドの形状・定員(2人4列の計8人乗りで、腹部を固定する安全バーが付いている)、また基本的な構造も同じである。 ディズニーランドと同様に乗降場は屋外にあり、それぞれ3つずつ設置されている。 他のパークと異なる点• アトラクションがフロンティアランド内にある(他のパークはクリッターカントリーにあるが、マジック・キングダムにはクリッターカントリー自体が存在しない)。 巻き上げにチェーンを使っている(他のパークはゴム製のが使用されているが、フロリダ版は巻き上げレーンの両サイドに付いているチェーンでライドを巻き上げている。 ただし巻き上げの導入部ではフロリダ版もベルトコンベアを使用している)。 屋内部分に空が描かれており、他パークのように洞窟になっていない。 また、最初の落下とラストシーンを除き道中でうさぎどんたち以外の動物が登場しない。 当時のCMキャッチコピーは「 スリルに飛び込め」。 にある「」、にある「」と合わせて 三大マウンテンと呼ばれる。 は丸太の形をしたボートに乗り込み、フルーム(水路)を航行しながら『』の物語を体験する。 ボートは最後の落下を含め計4回急斜面を落下する。 東京ディズニーランドで唯一の水がかかるアトラクションであり、ディズニーランドのアトラクションの中でも人気の高いアトラクションである。 ほとんどのライドシステムはディズニーランドのものと同じだが、ボートは縦1列の6人乗り(俗にいう「一世代型」)ではなく2人4列の8人乗り(俗にいう「二世代型」)となり、安全バーが付いた。 この形式はマジック・キングダムのものにも採用された。 最後の落下時には自動的に写真撮影が行われ、その写真はにて購入できる。 他のパークと異なる点• 水路が全体的に反時計回りである - 他のパークは全体的に時計回りである。 最初の落下が屋内にある - 他のパークでは屋外にあり、落下してから屋内に入る。 キューライン(待ち列)、プラットホームが屋内にある - 日本が比較的降水の多い国であることから全体的に屋内に収められているため、乗り場・降り場共に屋内である。 キューラインも、アメリカでは全体的に屋外である(一部に山小屋をイメージした造りの屋内部分はある)のに対し、東京は洞窟をイメージした造りになっている。 また乗り場と降り場が別の場所に設置されており、それぞれ2箇所ずつある。 水飛沫の量が少ない - 日本には鮮明な四季があり、他のパークに比べて平均気温が低い・湿度が高い・気候が大きく変動する事などから、全季節共通に楽しめるよう水量が抑えられている。 また、水量は調整出来る。 はに導入された。 ファストパス発券所はクリッターカントリー入り口から「」の間に6台ある。 TDL内のアトラクションで唯一に対応している。 以前まではボートの安全バーは2人で1つの長いタイプのバーを使用していたが、シングルライダー導入をきっかけに1人1つの短い安全バーとなった。 そのため今までは安全バーの確認を自身が行っていたが、今はゲスト自身でバーがロックされて上がらないことを確認し、キャストは目視するようになった。 このバーの確認の仕方はと同じとなっている。 シングルライダーを利用する場合には、 ファストパス・エントランス(ファストパス専用入口)に立っているキャストにシングルライダーであることを伝える。 そのまま、ファストパス通路を進むとスタンバイ(通常列)とファストパスが合流する地点にいるキャストに再度シングルライダーであることを伝えると、シングルライダー専用通路に通してもらえる。 一時期、身長制限が「102cm以上」に引き上げられたことがあったが、現在は「90cm以上」に戻っている。 また、後半に行われた改装工事では、ライド(ボート)乗り場にが設けられた。 ちなみに、このアトラクションではブレア・ラビットらはアトラクション内のナレーションでは うさぎどんと呼ばれているが、ガイドブックでは ブレア・ラビットと表記されている。 、オープン以来スポンサーを務めていたが「ブランドの認知アップの役割を充分に得られた」との理由でスポンサー契約を終了した。 より、が新たなオフィシャルスポンサーとして提供を行っている。 スペック [ ]• コース全長 約850m - 世界のディズニーパークのスプラッシュ・マウンテンの中で最長• 山の高さ 約30. 3m - 世界のディズニーパークのスプラッシュ・マウンテンの中で最も高い• 最大落差 約16m• 最大角度 45度• オーディオアニマトロニクス 約70体以上• アトラクション面積 約12000㎡• 1分間に流れる水量 約110t• 総工費 約285億円(クリッターカントリー含む) - 世界のディズニーパークのスプラッシュ・マウンテンの中で最高額• 丸太舟の数 64隻 声の出演 [ ]• ブレア・オウル(ふくろうどん):• 女の子(スタンバイ一部で聞こえる音声): 江原、関、牛山は映画「南部の唄」(ポニー版、レーザーディスク版。 タイトルが「南部の 歌」となっている物)の吹き替えでも同キャラクター(映画では うさぎどん、 ずるぎつね、 どんくま)を演じている。 音楽 [ ] 以下はアトラクション中に流れる音楽のタイトル。 映画『』で使用された音楽もある。 How Do You Do? Ev'rybody's Got A Laughin' Place• Burrow's Lament• トリビア [ ] 東京ディズニーランド関連• メインの3匹(うさぎどん、きつねどん、くまどん)とブレア・フロッグ(かえるどん)以外のキャラクターはアトラクションオリジナルのキャラクターというわけではなく、1974年 - 1988年までアナハイムのディズニーランドのトゥモローランドにあったシアターアトラクション、アメリカシングスに登場していたキャラクターである(最初に作られたアナハイムのスプラッシュマウンテンがアメリカシングスのオーディオアニマトロニクスをそのまま流用して作ったため)。 なお、アトラクション前半に登場するミスターブルーバードとアライグマ、中盤に登場するオポッサムとカメとハチは、映画にも一瞬登場する。 しかし、アライグマ・オポッサム・カメについては、アトラクションと映画で服装が違う。 ファストパス導入以前は右側の列に並ぶことで待ち時間の短縮に繋がった(待ち列が右に曲がっていく関係で内側となる右の列の長さが若干短くなるため)。 現在は右側の列がファストパス専用通路となっているため、この方法は利用できない。 終盤でクリッターたちが乗っている巨大な船は「ジッパ・ディー・レディー号 ZIP-A-DEE-LADY 」という名前で、かつてアメリカ南部の河で見られたショーボートを表現している。 脚注・出典 [ ]• 2009年に公開。 同作品では史上初めて、黒人()がになっている。 TRILL 2020年6月12日. 2020年6月14日閲覧。 ハフポスト 2020年6月14日. 2020年6月14日閲覧。 日本経済新聞 2020年6月26日. 2020年6月26日閲覧。 共同通信 2020年6月26日. 2020年6月26日閲覧。 ハフポスト 2020年6月26日. 2020年6月26日閲覧。 朝日新聞 2020年6月26日. 2020年6月26日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• (日本語).

次の

工事中のクリッターカントリーはまだまだ未完成、そしてトレーニングは始まった:スプラッシュ・マウンテン002|あっくんさん|note

スプラッシュ マウンテン 工事

contents• なぜ登記をしなければならないのか? まず、登記をしなければならない理由について。 建物の登記をしなければならない理由は、不動産の登記について定めた法律である不動産登記法47条において「新築した建物又は区分建物以外の表題登記がない建物の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から一月以内に、表題登記を申請しなければならない。 」と定められているからです。 建物の表題登記が義務になっている訳ですね。 まぁ、登記していない建物なんてザラにありますが。 ディズニーランドを運営する株式会社オリエンタルランドも、この法律に則ってきちんと登記義務を果たしています。 さすが、大企業は違いますね。 そんなわけで、建物認定できるものについてはホーンテッドマンションだろうがカリブの海賊だろうが登記されているわけです。 ちなみに、この登記は市区町村の各役所の課税台帳と紐付けられて固定資産税の取りっぱぐれがないようにもされています。 こんなところばっかりお役所間での連携が取れていて切ない。 シンデレラ城の登記簿の面白さ シンデレラ城もきちんと登記されております。 その面白さはいったい何なんでしょう? シンデレラ城の登記簿 登記事項証明書は誰でも取得できますが、大っぴらに貼り付けるのも何なので概要を。 【表題部】 不動産番号 0443005035661 所在 浦安市舞浜1番地1 家屋番号 1番1の17 種類 店舗 劇場 構造 鉄骨造合成樹脂板葺地下1階付5階建 床面積 1階450. 03㎡ 2階106. 93㎡ 3階475. 82㎡ 4階55. 30㎡ 5階79. 53㎡ 地下1階755. 66㎡ 昭和57年12月28日新築 昭和61年7月15日種類変更 所有者 株式会社オリエンタルランド 【権利部】 記録無し 面白いポイント 無機質な文字の羅列 夢の国ディズニーランドにして最も象徴的な建造物であるシンデレラ城が、家屋番号1番1の17という何とも無機質な文字列で表現されていること。 構造に至っては鉄骨造合成樹脂板葺地下1階付5階建ですからね。 呪文か。 「夢の国も法律には勝てない」 「夢の国なのに夢がない」 こんな印象を持たれた方が多いのではないでしょうか? 広大な地下空間の存在 僕はシンデレラ城の外観とガラス細工屋さんがあることくらいしか知らないのですが、登記簿の床面積欄を見ると地下1階が755. 66㎡もあります。 この広大な地下にはいったい何があるのか?ロマンが広がりますね。 それにしても、円形の地下室とか床面積算出するのめんどくさかっただろうなぁ。 権利部に登記無し 不動産登記簿には大きく分けて「表題部」と「権利部」があります。 表題部には所在、家屋番号、種類、構造、床面積等、その建物の現況 とは言っても登記した時点のものですが が記録されています。 対して権利部はさらに細かく「甲区」と「乙区」があり、甲区には所有権に関する登記 差押えなんかもここに記録されます が記録され、乙区には主に抵当権や質権などの担保権に関する登記が記録されます。 シンデレラ城の登記簿を見ると権利部には何も登記記録がありません。 通常、不動産を担保にお金を借りたりすると、確実に権利部にも登記が入ります 住宅ローンなんかが分かりやすい例です。 権利部に何も記録がないことから、シンデレラ城を建てた際、オリエンタルランドは全額自己資金を投入したか無担保で融資を受けたか、そんな予測が立ちます。 「夢の国なのに担保権がベタベタ付いていなくて良かった!」 皆さんそんな気持ちを抱いたのではないでしょうか? 城に抵当権。 シュールすぎて土地家屋調査士か司法書士くらいしか笑えないネタ。 スプラッシュ・マウンテンの登記簿の面白さ 続きまして、スプラッシュ・マウンテン。 スプラッシュ・マウンテンもきちんと登記されております。 その面白さはいったい何なんでしょう? スプラッシュ・マウンテンの登記簿 スプラッシュ・マウンテンの登記記録はこんな感じです。 【表題部】 不動産番号 0443005035750 所在 浦安市舞浜2番地1 家屋番号 2番1の25 種類 スプラッシュマウンテン 構造 鉄骨造陸屋根鋼板葺地下1階付3階建 床面積 1階5880. 63㎡ 2階3885. 73㎡ 3階551. 54㎡ 地下1階475. 53㎡ 平成4年7月30日新築 所有者 株式会社オリエンタルランド 【権利部】 記録無し 面白いポイント 種類がそのまま「スプラッシュマウンテン」 このスプラッシュ・マウンテン、建物の種類がそのまま「スプラッシュマウンテン」なんです。 建物の種類がスプラッシュマウンテンなんて、スプラッシュ・マウンテンをおいて他に存在しないでしょうね。 嗚呼、スプラッシュ・マウンテン。 古池や 蛙飛び込む スプラッシュ・マウンテン。 通常、建物の種類は不動産登記規則113条と不動産登記事務取扱手続準則80条においてある程度定型のものが決まっています。 (建物の種類の定め方) 第80条 規則第113条第1項に規定する建物の種類の区分に該当しない建物の種類は、その用途により、次のように区分して定めるものとし、なお、これにより難い場合には、建物の用途により適当に定めるものとする。 校舎、講堂、研究所、病院、診療所、集会所、公会堂、停車場、劇場、映画館、遊技場、競技場、野球場、競馬場、公衆浴場、火葬場、守衛所、茶室、温室、蚕室、物置、便所、鶏舎、酪農舎、給油所 2 建物の主たる用途が2以上の場合には、その種類を例えば「居宅・店舗」と表示するものとする。 「なお、これにより難い場合には、建物の用途により適当に定めるものとする。 」とあるように、これは必ずしも上記種類のいずれかでなければならないというわけではなく、上記種類に該当しない場合は建物の用途を考慮して適宜決めて良いですよ、ということです。 最近ですと「老人ホーム」とか「デイサービスセンター」とか。 しかしながら、登記の公示の観点から、登記簿を見たときに一見してどんな建物か分かるよう一般社会で通用する用語を的確に使用すべきとの要請もあります。 そして、スプラッシュ・マウンテンの建物の種類はスプラッシュマウンテン。 いやいやスプラッシュマウンテンて。 建物なのに山て。 水飛沫をあげる山て。 旧不動産登記法の時代とは言え、これは完全に登記官の茶目っ気だと思う。 goodjobと言わざるを得ない。 まとめ シンデレラ城やスプラッシュ・マウンテンが登記されていると話題になった件について、その面白さを考察してみました。 『日常の中の非日常』であるディズニーランド。 その『非日常の中の日常』である登記。 このギャップが人々を駆り立てている要因だと僕は思います。 以上、嬉々として教えてくれた嫁さんを返り討ちにするくらい知識をひけらかした糸田矢豆でした。 敬具 まじめにディズニーを楽しんでいる記事はこちら。

次の