二 黒 土星 2020 年 運勢。 「ユミリー風水 九紫火星 2020年」(基本的な運勢)

【2020年】二黒土星の今年の運勢は?九星気学による相性・性格・恋愛運!

二 黒 土星 2020 年 運勢

それほど、九星気学の歴史は古く、昔から当たると信用されてきたため、今でも信頼がかなり高いです。 九星気学には9つの運命星があり、自分がどの運命星を持っているかで運勢を占います。 今回はその9つの本命星の中の「二黒土星」に焦点を当てて、詳しくご紹介していこうと思います。 二黒土星の方や身近に二黒土星の方がいらっしゃる人は気になっている人も多いのではないでしょうか?二黒土星の性格の特徴や、他の運命星との相性、恋愛などについてご紹介していこうと思いますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。 冒頭でもお伝えしました通り、二黒土星とは九星気学にある本命星のひとつです。 九星気学には、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)の9つの本命星があり、自分がどの本命星に当てはまるかで、運勢や性格、恋愛などを占うことができます。 <二黒土星の調べ方> 生まれ年が下記の方は二黒土星に当てはまります。 1953年(昭和28年) 1962年(昭和37年) 1971年(昭和46年) 1980年(昭和55年) 1989年(昭和64年) 1998年(平成10年) 2007年(平成19年) 2016年(平成28年) 二黒土星の方は九星気学一の強い運を持っており、その名の通り、土のパワーを強く受けている本命星だと言えます。 <二黒土星の象意> 勤勉、謙遜、従順、土地、集合など 二黒土星は九星気学の方位軸の中でも西南をさす「坤(こん)」という位置に存在している本命星です。 男性、女性どちらの場合であってもこの「坤(こん)」の位置として方位の吉方位を占います。 お住まいのお引越しや家の新築を考えている場合には絶対にこの東北がおすすめです。 やる気が充実し、自分の能力を上げることができます。 また、協調性もアップするので、色んな人と円滑に人生を歩んでいくことができます。 ケガや病気を早く治すことができるので、身体に不調を感じている方は旅行がてら西へ出向いてみるといいかもしれません。 また、悩みも解消されるので、リフレッシュしたい方にもオススメの方角ですよ。 持続力・忍耐力がつくほかに思考力が培われるので、自分の努力が実りやすいです。 仕事・勉強ともにうまく行くので、受験や就職にも西北の方角ガオススメです。 とくに家族愛が深まるので新婚のお住まいやなどにオススメです。 ほかにも家族経済基盤も安定させてくれる方角なので、お金を貯めたいときにもおすすめですよ。

次の

【二黒土星2019年の運勢】暗剣殺の年!恋愛運・結婚運・吉方位・凶方位は?

二 黒 土星 2020 年 運勢

二黒土星中宮口の鑑定 一、身内、家庭内の悩み。 また、住居、職業、結婚等にて迷いありて決め難き人なり 一、物事に安請合して始末つけられず他人に嫌われる事の多い人な 一、失物に注意すべし。 失物、忘れ物は于許に返らない事多し。 べ墓地跡および社寺跡の分割地の購入等あり、充分注意する事。 一、祖先の霊作用多し。 本命一白水星の人の事象 本命一白巽宮に座宮。 「現在は盛運なるも何となく心忙しく業務または身分の変更等を計画するなり。 、離宮に六白掛り。 住所の変更。 官公庁の事件、火難、書類、印鑑、証文の事件あり。 酒食による損耗、喧嘩、目上、 父、妻との別離ありて移り気多し。 金銭上の争い、男女の争い、別 居等あり。 また、火難、剣難、怪我へおもに乗物による)あり。 べ震宮に九紫掛り。 業務、住所の移転。 または遠方の旅行等あり。 婦人同伴が多い。 家庭不和、婦人問題、火災に注意。 一、乾宮に三碧掛り。 身分の変動、業務の変更、官公庁関係の問題あり。 運期は下り坂 となる。 建築計画、妊娠、家督の争い、息子との意見衝突等あり。 住所、移動や遠方の旅行にて吉凶を求めるものなり。 運 勢 現在運勢強運なるも、」、二年後より下り坂となる。 住所や業務の変更、また、訴訟等による悩みあり。 また、迷いあり、何事も計画即実行の気慨にて進 むべきなり。 必ず成就する。 何事も根気よく押せ押せムードを必要とする。 息子い総領との争いありて離れやすし。 結 婚 男女とも、色情因念強く別離の運ありて注意を要す。 なお、懐妊の兆あり。 なお縁談は現在は成就せ ず。 二二年の間に、新しき異性現れる。 病 気 不意に高熱を発する事あり。 注=臼盤を見るに、艮宮に五黄殺、対冲八白暗剣殺なり。 坤宮の八白は墓地なりこれを先祖と見 ずるなり。 その他 乗物による怪我および火難に注意すべし。 入試は一回にては合格せず二回以上なり。 なお学内にての 争い(闘争)等に加わる運勢なり。 本命二黒土星の人の事象 本命一一黒中宮に座宮。 一、現在衰運にて何事にも心定まらず、家庭内での争い、土地、職業の移動、転職あり。 結婚の迷いあ べ離宮に六白掛り。 二黒土星中宮日の鑑定 住所の移動、印鑑、証書の間違いにて訴訟事件あり。 官公庁、警察等に係る事件起りやすし。 目上 または、両親との別離や争いあり。 別居の事もある。 剣難、火難、 怪我等に注意。 ミ兌言に四緑掛り。 縁談の悦びあるも案外長引く。 また、口舌による障害多し。 女 性や飲食の悦びありて異性との関係深しと見る。 色情のもつれや 普請造作による災いあり。 女性の怨恨に注意。 一、艮宮に五黄掛り。 (五黄殺。 ) 結婚強気に出て初め吉なるも、将来凶なり。 業務、住所の変更 あり。 また、大きな仕事を夢見て、大損す。 新規の工事着手や、計画あり。 方災あり。 家督相続にて 争いあり。 霊作用にて乱心するものあり。 鑑定法 一、業務、住所等の変更を計画するも暗中模索にて困りて鑑定を求める人なり。 二女性は、異性との争いありて離別等生ずるなり。 また別居等ありてそれ等の鑑定を求めるものなり。 運 勢 心の迷いありで何事も決定せず。 運気弱し。 住所、職業の変動為り。 はなはだ多し。 近年、新規の大工事等の計画や着手をして 大損なり。 現在の職業を堅持するによって将来幸運となる。 結 婚 男女ともに色情深し。 したがって享楽に走り易し。 意味の不一致等ありて別離、別居等あり。 縁談の 悦びあるも長引く。 また、口舌の災いありて一時中止等の事も起きやすし。 特に結婚後の住居の方位に 注意する事肝要なり。 病 気 胃腸病、肺病、喘息、リュウマチ等なり。 その他 墓地跡および神仏跡は地縛霊が大変多く、特に墓地跡には不浄霊多きためその地に住居する人は大変 困難する事あり。 営業不振、病気等の起因ともなる。 特に不意の熱病、逆上、脳病、原因不明の病等は みなこれが起因なり 本命三碧木星の人の事象 本命三碧乾宮に座宮。 二現在平常運なり。 ただし、何事も意のごとくに進まず遅れがち となる。 一、玖官に七赤掛り。 何事も新しく出発する。 結婚は早い。 また、吉なり。 ただし口 舌に注意すべし。 井戸、田、沼等の埋立て等の崇りにて女色、水 害、婦人との争い等あり。 また、何かと悩み多し。 一、兌宮に四緑掛り。 縁談、酒食、金銭等の悦びあり。 女性の縁あり。 業務、身分等順調に運ぶも、口舌の争いに注意。 また、狐憑き等あり。 一、巽宮に一白掛り。 (相生。 ) 縁談吉なり。 業務の変更。 住居の移転、開店等あり。 希望達成す。 交際信用よし。 積極的を吉とす。 鑑定法 べ金銭か営業の新計画かにて鑑定を求めるものなり。 ぺ女性は、夫との不一致か口舌の災いか病気なり。 また、男女とも縁談、入試等あり。 運 勢 職業の変更、または勤務先を変更して新しく出発する気運なり。 したがってその鑑定と結婚等の鑑定 なり。 何事にも積極的に取り組む事にて将来幸運なり。 異性との関係多く、ために不倫の恋に陥る事あ りて思わぬ嫌疑を受け悩む事あり。 充分注意すべきなり。 結 婚 男女とも、結婚運は吉なり。 すでに深き関係あり。 縁談は早く成立す。 お互いに積極的に出るべし。 長引けば口舌等の障害あり、注意すべし。 なお、女性は妊娠の兆あり。 座宮の男性の妻にも妊娠の兆あ 病 気 咽喉、性病、陰部、耳、肺病等なり。 その他 田、沼、井戸の埋立てによる崇りあり。 なお、野狐など憑きて気狂する事あり。 試験は合格す。 本命四緑木星の人の事象 本命四緑兌宮に座宮。 一、金談、縁談等あり。 業務や住所の変化の運気なり。 色情、口舌に よる悩みあり。 一、乾宮に三碧掛り。 住所、身分の変動にて目上と争論する。 また、息子との争い、相 続問題等による争いあり。 一、坤宮に八白掛り。 (暗剣殺。 ) 住所、業務の改革にて悩みあり、不動産の悩み、また、苦情あり。 女性、妻等の口舌や死別あり。 普請、造作にての方災を受ける。 墓地、先祖の不浄霊の崇りありて夫婦間の不和合生ず。 結婚悪し。 旅行等あり。 警察や裁判の事あり。 一、震宮に九紫掛り。 業務、および住居の変化、変動あり。 女性問題にて家内に口舌あり。 目上の死別、火難等あり。 な お、遠方に旅行または転居あり。 鑑定法 一、家庭内の口舌、困難、または色情、金談等にて鑑定を求めるものなり。 一、女性は出戻りの事か新しき男性の事にて鑑定を求めるものなり。 一、若い人は縁談か、恋愛の事なり。 運 勢 住所、業務の変更、異性問題等にて来る人なり。 何事もその極にいたりて転換す。 普請、造作による 方災、墓地の崇り、不浄霊の崇り等にて家庭内に不和生じ口舌絶えず。 官公庁の事件等生ず。 結 婚 男女とも、色情因縁強し。 女性問題起り、夫婦の離別等あり。 また、若き男性との交際生ず。 縁談は 一時中止となり、また復活す。 恋愛は近いうちに男性現われる。 二度、二回目等の作用あり。 病 気 胃腸病、性病、肺病等なり。 その他 屋敷神、稲荷、死霊の崇りありて気狂するものあり。 本命五黄土星の人の事象 本命五黄艮宮に座宮。 すべての面に変化が伴う運気なり。 この人、強情にして我ままな 行為多し。 二次官に七赤掛り。 新規事業を計画し、再出発の気慨なり、ただし、大事は凶、小 一 事は吉なり。 結婚は早い。 口舌や女色の難あり。 何事も一交の不足あ町。 一、震宮に九紫掛り。 業務、住所の変更あり。 家庭不和、女性問題等起る。 目上の死別あり。 火難に注意すべし。 結婚凶 なり。 息子夫婦との意見の相違あり。 一、坤宮に八白掛り。 業務、住所の改革による悩み。 女性、妻等の変化あり。 墓地の崇りや方災等あり。 結婚悪し、盗難 に注意。 鑑定法 、官辺に係る事件か、性急に物事の達成をもくろみて支障を生じての鑑定なり。 一、女性は遠方の旅行等なり、また、縁談、職業等なり。 新規事業の着手や住宅土地または地立ハ法立 などにての事にて鑑定を求めるものなり。 新規事業を計画し再出発を志す人なり。 ただし願望にはほ ど遠し、大事より小事吉なり。 身分、業務等の拡張し過ぎて失敗する。 近年中に故郷に心配事あり。 家内に口舌、論争あり。 また、親類同に不和を生ずる。 結 婚 男女とも、結婚運悪し。 二度、二回目となる。 縁談は早ければまとまるが、遅ければまとまり悪く、 晩婚となる。 病 気 胃腸病、心臓病、流行病、脚気、下の病気。 その他 墓地、祖先の崇りありて病人あり。 また、不運なり。 浮浪霊のため、発狂乱心する人あり。 また近親 に家名断絶か肢体不自由者あり。 本命六白金星の人の事象 本命六白離宮に座宮。 一、現在運勢吉なるも、移気のため熱意に欠ける。 また、官公庁の 争事に係る運気あり。 二坤宮に八白掛り。 (暗剣殺。 ) 住所、業務の改革。 官公庁の事件、女性、妻の変化、書類、証文 等の事件あり(土地、田畑、住宅等)。 また近親に死別あり。 結婚 は凶なり。 二巽宮に一白掛り。 開店、移転等願望は成就す。 何事も積極的に出て吉なり。 また、業務上の悦びあり。 結婚は早い。 一、玖官に七赤掛り。 近年中に業務、住居の変化ありて再出発の運気となるが、小事は吉、大事は凶なり。 女色、病気、 やロ、盗難に注意すべし。 鑑定法 一、住所、業務の改革や新規開店等にて鑑定を求める人なり。 運 勢 不動産に関する不意の事件発生して心配す。 また、女性、女房等との不和を生じ離別等あり。 墓地の 崇り、方災あり。 運勢は何事も積極的に成して成功す。 なおまた、遠方に旅行等あり。 旅行は吉なり。 旅行にて運命の転換を図るべし。 再出発の運気が強くなる。 結 婚 男女とも、二度の作用あり。 色慾に注意すべし。 縁談は今までは凶なるも、今後は吉なり。 案外早く まとまるゆえに、積極的に出るべし。 病 気 熱病、眼病、頭痛、逆上等なり。 その他 井戸、田、沼の埋立にて耳の病、陰部の病、脚気あり。 墓地、先祖の崇りにて近親に死に別れあり。 入試は合格す 本命七赤金星の人の事象 本命七赤玖官に座宮。 一、新規事業の計画。 再出発の門出。 業務の改変等なり。 この人現 在衰運なり。 一、乾宮に三碧掛り。 新規の計画も実行に移し難し。 意見の相違にて争いあり。 新し き土地に移動する人あり。 二艮官に五黄掛り。 普請、造作、動土などにて方災ありて再度の住所移動となる。 相続人に対する不運、金銭の損失あ 一、離宮に六白掛り。 官辺の事件、目上(祖先、父、夫、社長)の人との争い。 印鑑、証文等の間違いあり。 金銭上の争 いあり。 一、女性は夫との争いとか異性のトラブルにて来るなり。 一、結婚、入試等もあり。 運 勢 新規に事業を始める計画か、また、勤務先を別会社に移すか、新しく転換する運命である。 また、何 かの失敗(事業か土地家屋)で金銭的に損失を犯し別住所に移転する計画である。 今後、目上との争い、 妻との争い等に充分注意する事。 別離の後は訴訟にまで発展する可能性もある。 結 婚 既婚女性は、男性が変り易い。 縁談も一回の話ではまとまらないし、相手も二人以上おり、迷うもの である。 病 気 歯痛、耳の病、性病、等である。 その他 方災あり。 以前の移転等をよく調べること。 なおまた、先祖の霊作用ありて家督の不都合あるなり。 合格いたし難し。 本命八白土星の人の事象 本命八白坤宮に座官。 暗剣殺。 一、現在運勢は悪いし、ここ三、四年は吉運とならない。 悩み事多い状態なり。 一、兌宮に四緑掛り。 家庭内に風波絶えず。 女房などたびたび替り、金銭の間違い、遠 方との取引等の誤りあり。 ス離宮に六白掛り。 土地家屋の変更とこれに伴う官公庁の事件あり。 火難、書類、印 鑑、証文等の災いあり。 男女や目上の人との争いまた離別等あり。 結婚は凶。 家業盛大にて表面は好運の状態なれども、内実は実に苦 べ対冲艮官に五黄掛り。 五黄殺。 見込みなき大仕事にて欠損し業務、住所を変更す。 新規の仕事を始めるか計画するも凶なり。 霊の 作用を受けて家系混雑し、また、精神障害者が出る。 なお、方災を受けるため、住居移動に注意を要 す。 鑑定法 一、住所、土地の事件か、またその事のに関しての心配か、家庭内の女房との問題なり。 べ女性は主人との争いか、主人の浮気のための事なり。 一、また、若き女性は縁談か、勤務会社の問題なり。 一、また、入試等の問題あり。 運 勢 現在はいまだ割合好調に見えるも、すでに盛運は過ぎて凶運に入り、事件等も相次ぎ悩み多き人なり。 今後、ますます凶運となるため、とくと注意を要するなり。 女房との別離、土地家屋の争い、事業の欠 損等続出する。 結 婚 242 二黒土星中宮日の鑑定 3 結婚運悪し。 なお、前回も落ちた人なり。 ありては、学内の闘争に加わるか、加わっている学生なり。 将来不幸なり。 の仙肘の雲作川により来る災害多き人なり。 そのため、方災を犯し、また、種々の災いが発生する。 なお、匹政激しきため世間の誹誘を受ける人多し。 応定例 昭和冽年内巾八白生れ女性 ..黒中~の~ 吟辿のカーディガンの服装である. 客「そうなのです。 現在パートをしていますが何かよい仕事があれば と迷っているのです。 」 私「おかしいね? いの。 」 あなたは学生かそれとも入試でも受けるんじゃな 客「あら、そんな事が判るのですか。 実は現在某学校に在学中のなで すが、学内において皆と馴染めないのですご 私「あなたは反抗心が強すぎるのです。 現在のような気持ちでは将来 が大変悪いですよ。 一応学校をやめて、デパートのようなところに 戊日 勤めると徐々に好運が出て来ます。 」 客「私もさよう思います。 やはりその方がよいのですね。 そうします。 有難うございました。 」 注~二黒中宮ですから、迷いであり、職業です。 離宮に六白掛りです。 離宮は学問です。 六白は学 問ですが、また、戦いであり、学内での争いです。 対冲、艮官は変化ですが、五黄殺です。 本見生り吠感刀まま学内に止る 二黒土星中宮日の鑑定 も将来は大変悪いと見ます。 兌宮に四緑が掛っております。 四緑を職業または往復と見ますと、 デパートのようなところに勤めると徐々に好転して悦びとなる゜ちょっと難しいが運命の打開 を兌の七赤に求めたの す。 本命九紫火星の人の事象 本命九紫震宮に座宮。 一、衰運と苦労を乗り切り、新しき計画を持つ人なり。 一、艮宮に五黄掛り。 業務および住所の変更あり。 新規の計画を成す。 仕事の面におい て損失をしたる人なり。 二巽宮に一白掛り。 新しき仕事または住所等の計画ありて早急に実行する、また、早 急、積極的に進む事こそ成功の道なり。 なおまた、遠くへの旅行、 移転等あり。 成功をあせる事は凶なり。 女性との関係、また、口舌等に注意すべし。 徐々ながらも成功し悦びあ るなり。 鑑定法 一、業務、住所等の変更、また遠方への旅行等にて来るものなり。 一、女性は結婚かまたは商売か、縁談なり。 運 勢 才智あれども短気にして好き嫌い激しきため非難を受くる事多し。 現在新しき計画の実行がうかがえ るも今までの失敗を基として積極的に進めば成功の疑いなし、ただし小事は吉、大事は凶なり。 結 婚 既婚女性は現在結婚の悩みあり。 結論を急がずに待つ事肝要なり。 未婚女性の縁談は吉にして早急に話まとまるものなり。 積極的に出るべし。 病 気 梅毒、眼病、逆上、脳病、また火傷なり。 その他 屋敷神、また生霊の崇りにて住所移動、火難、眼病、火傷などに悩むことあり。 s7生れ舅子。 川年内午一白月生れ。 川中~の~である。 川衷の迷い、身辺の悩みである。 三碧、乾~に座宮。 まだ学生である。 何~も思うようにならない。 私「在学中ですね。 学校を止めるのですか?」 客「ハイ、ある巾抒情にて学校を止めて何か職業を探し、収入を得たいと思うのですが、何か一番よいで 私っ商売は何をやっても成功します。 水商売等もよいですが、学問も大変よく、人を指導する先生等の 幟宸も適職です。 今、学校を止めるのは惜しいですね。 また、女性かおり、その女性のために悩んで いるようですね。 この女性は年上のようで、中年の女性ですね。 」 客 1ハイ。 実はその女性で悩んでおるのです。 女性は30歳なのです。 」 汗=玖官に七赤掛り 七赤は女性ですから、結婚といいたいのですが、七赤には肉慾または享楽の 事象あり。 また、玖官は悩みですから情婦と見るべきです。 なお兌宮に四緑同会ですから結婚 の悦びは遅い。 晩婚と見ますし、対冲巽宮一白同会は「破れ」となっていますから、始めの結 婚は凶と見ます。 私「この女性とは結果においては『離れる』『別れる』となりますが、この問題は相当長引きますよ。 」 注り兌宮に四緑同会、兌宮は女性。 四緑は長引く、また、会ったり離れたりですし、往復の事象で す。 私「なお、この女性は妊娠しておりますね。 」 客 驚いた様子にて顔色も一瞬変り、すぐぐったりと肩を落し、「やはり妊娠しておりますか。 ウソかと 思っていたのですが。 」と私の呼びとめるのも聞かずすごすごと立去りました。

次の

大変化の年!2019年二黒土星の運勢

二 黒 土星 2020 年 運勢

二黒土星中宮口の鑑定 一、身内、家庭内の悩み。 また、住居、職業、結婚等にて迷いありて決め難き人なり 一、物事に安請合して始末つけられず他人に嫌われる事の多い人な 一、失物に注意すべし。 失物、忘れ物は于許に返らない事多し。 べ墓地跡および社寺跡の分割地の購入等あり、充分注意する事。 一、祖先の霊作用多し。 本命一白水星の人の事象 本命一白巽宮に座宮。 「現在は盛運なるも何となく心忙しく業務または身分の変更等を計画するなり。 、離宮に六白掛り。 住所の変更。 官公庁の事件、火難、書類、印鑑、証文の事件あり。 酒食による損耗、喧嘩、目上、 父、妻との別離ありて移り気多し。 金銭上の争い、男女の争い、別 居等あり。 また、火難、剣難、怪我へおもに乗物による)あり。 べ震宮に九紫掛り。 業務、住所の移転。 または遠方の旅行等あり。 婦人同伴が多い。 家庭不和、婦人問題、火災に注意。 一、乾宮に三碧掛り。 身分の変動、業務の変更、官公庁関係の問題あり。 運期は下り坂 となる。 建築計画、妊娠、家督の争い、息子との意見衝突等あり。 住所、移動や遠方の旅行にて吉凶を求めるものなり。 運 勢 現在運勢強運なるも、」、二年後より下り坂となる。 住所や業務の変更、また、訴訟等による悩みあり。 また、迷いあり、何事も計画即実行の気慨にて進 むべきなり。 必ず成就する。 何事も根気よく押せ押せムードを必要とする。 息子い総領との争いありて離れやすし。 結 婚 男女とも、色情因念強く別離の運ありて注意を要す。 なお、懐妊の兆あり。 なお縁談は現在は成就せ ず。 二二年の間に、新しき異性現れる。 病 気 不意に高熱を発する事あり。 注=臼盤を見るに、艮宮に五黄殺、対冲八白暗剣殺なり。 坤宮の八白は墓地なりこれを先祖と見 ずるなり。 その他 乗物による怪我および火難に注意すべし。 入試は一回にては合格せず二回以上なり。 なお学内にての 争い(闘争)等に加わる運勢なり。 本命二黒土星の人の事象 本命一一黒中宮に座宮。 一、現在衰運にて何事にも心定まらず、家庭内での争い、土地、職業の移動、転職あり。 結婚の迷いあ べ離宮に六白掛り。 二黒土星中宮日の鑑定 住所の移動、印鑑、証書の間違いにて訴訟事件あり。 官公庁、警察等に係る事件起りやすし。 目上 または、両親との別離や争いあり。 別居の事もある。 剣難、火難、 怪我等に注意。 ミ兌言に四緑掛り。 縁談の悦びあるも案外長引く。 また、口舌による障害多し。 女 性や飲食の悦びありて異性との関係深しと見る。 色情のもつれや 普請造作による災いあり。 女性の怨恨に注意。 一、艮宮に五黄掛り。 (五黄殺。 ) 結婚強気に出て初め吉なるも、将来凶なり。 業務、住所の変更 あり。 また、大きな仕事を夢見て、大損す。 新規の工事着手や、計画あり。 方災あり。 家督相続にて 争いあり。 霊作用にて乱心するものあり。 鑑定法 一、業務、住所等の変更を計画するも暗中模索にて困りて鑑定を求める人なり。 二女性は、異性との争いありて離別等生ずるなり。 また別居等ありてそれ等の鑑定を求めるものなり。 運 勢 心の迷いありで何事も決定せず。 運気弱し。 住所、職業の変動為り。 はなはだ多し。 近年、新規の大工事等の計画や着手をして 大損なり。 現在の職業を堅持するによって将来幸運となる。 結 婚 男女ともに色情深し。 したがって享楽に走り易し。 意味の不一致等ありて別離、別居等あり。 縁談の 悦びあるも長引く。 また、口舌の災いありて一時中止等の事も起きやすし。 特に結婚後の住居の方位に 注意する事肝要なり。 病 気 胃腸病、肺病、喘息、リュウマチ等なり。 その他 墓地跡および神仏跡は地縛霊が大変多く、特に墓地跡には不浄霊多きためその地に住居する人は大変 困難する事あり。 営業不振、病気等の起因ともなる。 特に不意の熱病、逆上、脳病、原因不明の病等は みなこれが起因なり 本命三碧木星の人の事象 本命三碧乾宮に座宮。 二現在平常運なり。 ただし、何事も意のごとくに進まず遅れがち となる。 一、玖官に七赤掛り。 何事も新しく出発する。 結婚は早い。 また、吉なり。 ただし口 舌に注意すべし。 井戸、田、沼等の埋立て等の崇りにて女色、水 害、婦人との争い等あり。 また、何かと悩み多し。 一、兌宮に四緑掛り。 縁談、酒食、金銭等の悦びあり。 女性の縁あり。 業務、身分等順調に運ぶも、口舌の争いに注意。 また、狐憑き等あり。 一、巽宮に一白掛り。 (相生。 ) 縁談吉なり。 業務の変更。 住居の移転、開店等あり。 希望達成す。 交際信用よし。 積極的を吉とす。 鑑定法 べ金銭か営業の新計画かにて鑑定を求めるものなり。 ぺ女性は、夫との不一致か口舌の災いか病気なり。 また、男女とも縁談、入試等あり。 運 勢 職業の変更、または勤務先を変更して新しく出発する気運なり。 したがってその鑑定と結婚等の鑑定 なり。 何事にも積極的に取り組む事にて将来幸運なり。 異性との関係多く、ために不倫の恋に陥る事あ りて思わぬ嫌疑を受け悩む事あり。 充分注意すべきなり。 結 婚 男女とも、結婚運は吉なり。 すでに深き関係あり。 縁談は早く成立す。 お互いに積極的に出るべし。 長引けば口舌等の障害あり、注意すべし。 なお、女性は妊娠の兆あり。 座宮の男性の妻にも妊娠の兆あ 病 気 咽喉、性病、陰部、耳、肺病等なり。 その他 田、沼、井戸の埋立てによる崇りあり。 なお、野狐など憑きて気狂する事あり。 試験は合格す。 本命四緑木星の人の事象 本命四緑兌宮に座宮。 一、金談、縁談等あり。 業務や住所の変化の運気なり。 色情、口舌に よる悩みあり。 一、乾宮に三碧掛り。 住所、身分の変動にて目上と争論する。 また、息子との争い、相 続問題等による争いあり。 一、坤宮に八白掛り。 (暗剣殺。 ) 住所、業務の改革にて悩みあり、不動産の悩み、また、苦情あり。 女性、妻等の口舌や死別あり。 普請、造作にての方災を受ける。 墓地、先祖の不浄霊の崇りありて夫婦間の不和合生ず。 結婚悪し。 旅行等あり。 警察や裁判の事あり。 一、震宮に九紫掛り。 業務、および住居の変化、変動あり。 女性問題にて家内に口舌あり。 目上の死別、火難等あり。 な お、遠方に旅行または転居あり。 鑑定法 一、家庭内の口舌、困難、または色情、金談等にて鑑定を求めるものなり。 一、女性は出戻りの事か新しき男性の事にて鑑定を求めるものなり。 一、若い人は縁談か、恋愛の事なり。 運 勢 住所、業務の変更、異性問題等にて来る人なり。 何事もその極にいたりて転換す。 普請、造作による 方災、墓地の崇り、不浄霊の崇り等にて家庭内に不和生じ口舌絶えず。 官公庁の事件等生ず。 結 婚 男女とも、色情因縁強し。 女性問題起り、夫婦の離別等あり。 また、若き男性との交際生ず。 縁談は 一時中止となり、また復活す。 恋愛は近いうちに男性現われる。 二度、二回目等の作用あり。 病 気 胃腸病、性病、肺病等なり。 その他 屋敷神、稲荷、死霊の崇りありて気狂するものあり。 本命五黄土星の人の事象 本命五黄艮宮に座宮。 すべての面に変化が伴う運気なり。 この人、強情にして我ままな 行為多し。 二次官に七赤掛り。 新規事業を計画し、再出発の気慨なり、ただし、大事は凶、小 一 事は吉なり。 結婚は早い。 口舌や女色の難あり。 何事も一交の不足あ町。 一、震宮に九紫掛り。 業務、住所の変更あり。 家庭不和、女性問題等起る。 目上の死別あり。 火難に注意すべし。 結婚凶 なり。 息子夫婦との意見の相違あり。 一、坤宮に八白掛り。 業務、住所の改革による悩み。 女性、妻等の変化あり。 墓地の崇りや方災等あり。 結婚悪し、盗難 に注意。 鑑定法 、官辺に係る事件か、性急に物事の達成をもくろみて支障を生じての鑑定なり。 一、女性は遠方の旅行等なり、また、縁談、職業等なり。 新規事業の着手や住宅土地または地立ハ法立 などにての事にて鑑定を求めるものなり。 新規事業を計画し再出発を志す人なり。 ただし願望にはほ ど遠し、大事より小事吉なり。 身分、業務等の拡張し過ぎて失敗する。 近年中に故郷に心配事あり。 家内に口舌、論争あり。 また、親類同に不和を生ずる。 結 婚 男女とも、結婚運悪し。 二度、二回目となる。 縁談は早ければまとまるが、遅ければまとまり悪く、 晩婚となる。 病 気 胃腸病、心臓病、流行病、脚気、下の病気。 その他 墓地、祖先の崇りありて病人あり。 また、不運なり。 浮浪霊のため、発狂乱心する人あり。 また近親 に家名断絶か肢体不自由者あり。 本命六白金星の人の事象 本命六白離宮に座宮。 一、現在運勢吉なるも、移気のため熱意に欠ける。 また、官公庁の 争事に係る運気あり。 二坤宮に八白掛り。 (暗剣殺。 ) 住所、業務の改革。 官公庁の事件、女性、妻の変化、書類、証文 等の事件あり(土地、田畑、住宅等)。 また近親に死別あり。 結婚 は凶なり。 二巽宮に一白掛り。 開店、移転等願望は成就す。 何事も積極的に出て吉なり。 また、業務上の悦びあり。 結婚は早い。 一、玖官に七赤掛り。 近年中に業務、住居の変化ありて再出発の運気となるが、小事は吉、大事は凶なり。 女色、病気、 やロ、盗難に注意すべし。 鑑定法 一、住所、業務の改革や新規開店等にて鑑定を求める人なり。 運 勢 不動産に関する不意の事件発生して心配す。 また、女性、女房等との不和を生じ離別等あり。 墓地の 崇り、方災あり。 運勢は何事も積極的に成して成功す。 なおまた、遠方に旅行等あり。 旅行は吉なり。 旅行にて運命の転換を図るべし。 再出発の運気が強くなる。 結 婚 男女とも、二度の作用あり。 色慾に注意すべし。 縁談は今までは凶なるも、今後は吉なり。 案外早く まとまるゆえに、積極的に出るべし。 病 気 熱病、眼病、頭痛、逆上等なり。 その他 井戸、田、沼の埋立にて耳の病、陰部の病、脚気あり。 墓地、先祖の崇りにて近親に死に別れあり。 入試は合格す 本命七赤金星の人の事象 本命七赤玖官に座宮。 一、新規事業の計画。 再出発の門出。 業務の改変等なり。 この人現 在衰運なり。 一、乾宮に三碧掛り。 新規の計画も実行に移し難し。 意見の相違にて争いあり。 新し き土地に移動する人あり。 二艮官に五黄掛り。 普請、造作、動土などにて方災ありて再度の住所移動となる。 相続人に対する不運、金銭の損失あ 一、離宮に六白掛り。 官辺の事件、目上(祖先、父、夫、社長)の人との争い。 印鑑、証文等の間違いあり。 金銭上の争 いあり。 一、女性は夫との争いとか異性のトラブルにて来るなり。 一、結婚、入試等もあり。 運 勢 新規に事業を始める計画か、また、勤務先を別会社に移すか、新しく転換する運命である。 また、何 かの失敗(事業か土地家屋)で金銭的に損失を犯し別住所に移転する計画である。 今後、目上との争い、 妻との争い等に充分注意する事。 別離の後は訴訟にまで発展する可能性もある。 結 婚 既婚女性は、男性が変り易い。 縁談も一回の話ではまとまらないし、相手も二人以上おり、迷うもの である。 病 気 歯痛、耳の病、性病、等である。 その他 方災あり。 以前の移転等をよく調べること。 なおまた、先祖の霊作用ありて家督の不都合あるなり。 合格いたし難し。 本命八白土星の人の事象 本命八白坤宮に座官。 暗剣殺。 一、現在運勢は悪いし、ここ三、四年は吉運とならない。 悩み事多い状態なり。 一、兌宮に四緑掛り。 家庭内に風波絶えず。 女房などたびたび替り、金銭の間違い、遠 方との取引等の誤りあり。 ス離宮に六白掛り。 土地家屋の変更とこれに伴う官公庁の事件あり。 火難、書類、印 鑑、証文等の災いあり。 男女や目上の人との争いまた離別等あり。 結婚は凶。 家業盛大にて表面は好運の状態なれども、内実は実に苦 べ対冲艮官に五黄掛り。 五黄殺。 見込みなき大仕事にて欠損し業務、住所を変更す。 新規の仕事を始めるか計画するも凶なり。 霊の 作用を受けて家系混雑し、また、精神障害者が出る。 なお、方災を受けるため、住居移動に注意を要 す。 鑑定法 一、住所、土地の事件か、またその事のに関しての心配か、家庭内の女房との問題なり。 べ女性は主人との争いか、主人の浮気のための事なり。 一、また、若き女性は縁談か、勤務会社の問題なり。 一、また、入試等の問題あり。 運 勢 現在はいまだ割合好調に見えるも、すでに盛運は過ぎて凶運に入り、事件等も相次ぎ悩み多き人なり。 今後、ますます凶運となるため、とくと注意を要するなり。 女房との別離、土地家屋の争い、事業の欠 損等続出する。 結 婚 242 二黒土星中宮日の鑑定 3 結婚運悪し。 なお、前回も落ちた人なり。 ありては、学内の闘争に加わるか、加わっている学生なり。 将来不幸なり。 の仙肘の雲作川により来る災害多き人なり。 そのため、方災を犯し、また、種々の災いが発生する。 なお、匹政激しきため世間の誹誘を受ける人多し。 応定例 昭和冽年内巾八白生れ女性 ..黒中~の~ 吟辿のカーディガンの服装である. 客「そうなのです。 現在パートをしていますが何かよい仕事があれば と迷っているのです。 」 私「おかしいね? いの。 」 あなたは学生かそれとも入試でも受けるんじゃな 客「あら、そんな事が判るのですか。 実は現在某学校に在学中のなで すが、学内において皆と馴染めないのですご 私「あなたは反抗心が強すぎるのです。 現在のような気持ちでは将来 が大変悪いですよ。 一応学校をやめて、デパートのようなところに 戊日 勤めると徐々に好運が出て来ます。 」 客「私もさよう思います。 やはりその方がよいのですね。 そうします。 有難うございました。 」 注~二黒中宮ですから、迷いであり、職業です。 離宮に六白掛りです。 離宮は学問です。 六白は学 問ですが、また、戦いであり、学内での争いです。 対冲、艮官は変化ですが、五黄殺です。 本見生り吠感刀まま学内に止る 二黒土星中宮日の鑑定 も将来は大変悪いと見ます。 兌宮に四緑が掛っております。 四緑を職業または往復と見ますと、 デパートのようなところに勤めると徐々に好転して悦びとなる゜ちょっと難しいが運命の打開 を兌の七赤に求めたの す。 本命九紫火星の人の事象 本命九紫震宮に座宮。 一、衰運と苦労を乗り切り、新しき計画を持つ人なり。 一、艮宮に五黄掛り。 業務および住所の変更あり。 新規の計画を成す。 仕事の面におい て損失をしたる人なり。 二巽宮に一白掛り。 新しき仕事または住所等の計画ありて早急に実行する、また、早 急、積極的に進む事こそ成功の道なり。 なおまた、遠くへの旅行、 移転等あり。 成功をあせる事は凶なり。 女性との関係、また、口舌等に注意すべし。 徐々ながらも成功し悦びあ るなり。 鑑定法 一、業務、住所等の変更、また遠方への旅行等にて来るものなり。 一、女性は結婚かまたは商売か、縁談なり。 運 勢 才智あれども短気にして好き嫌い激しきため非難を受くる事多し。 現在新しき計画の実行がうかがえ るも今までの失敗を基として積極的に進めば成功の疑いなし、ただし小事は吉、大事は凶なり。 結 婚 既婚女性は現在結婚の悩みあり。 結論を急がずに待つ事肝要なり。 未婚女性の縁談は吉にして早急に話まとまるものなり。 積極的に出るべし。 病 気 梅毒、眼病、逆上、脳病、また火傷なり。 その他 屋敷神、また生霊の崇りにて住所移動、火難、眼病、火傷などに悩むことあり。 s7生れ舅子。 川年内午一白月生れ。 川中~の~である。 川衷の迷い、身辺の悩みである。 三碧、乾~に座宮。 まだ学生である。 何~も思うようにならない。 私「在学中ですね。 学校を止めるのですか?」 客「ハイ、ある巾抒情にて学校を止めて何か職業を探し、収入を得たいと思うのですが、何か一番よいで 私っ商売は何をやっても成功します。 水商売等もよいですが、学問も大変よく、人を指導する先生等の 幟宸も適職です。 今、学校を止めるのは惜しいですね。 また、女性かおり、その女性のために悩んで いるようですね。 この女性は年上のようで、中年の女性ですね。 」 客 1ハイ。 実はその女性で悩んでおるのです。 女性は30歳なのです。 」 汗=玖官に七赤掛り 七赤は女性ですから、結婚といいたいのですが、七赤には肉慾または享楽の 事象あり。 また、玖官は悩みですから情婦と見るべきです。 なお兌宮に四緑同会ですから結婚 の悦びは遅い。 晩婚と見ますし、対冲巽宮一白同会は「破れ」となっていますから、始めの結 婚は凶と見ます。 私「この女性とは結果においては『離れる』『別れる』となりますが、この問題は相当長引きますよ。 」 注り兌宮に四緑同会、兌宮は女性。 四緑は長引く、また、会ったり離れたりですし、往復の事象で す。 私「なお、この女性は妊娠しておりますね。 」 客 驚いた様子にて顔色も一瞬変り、すぐぐったりと肩を落し、「やはり妊娠しておりますか。 ウソかと 思っていたのですが。 」と私の呼びとめるのも聞かずすごすごと立去りました。

次の