送迎バス 料金 相場。 貸切バス料金について

大阪・近畿の貸切バスなら、たかみバス交通

送迎バス 料金 相場

大型貸切バスの料金相場は? 貸切バスの料金は、安全のため、国交省が上限から下限まで定めています。 ただ、シーズンや曜日、深夜・早朝を含めた運行の時間、交替運転手の有無により変動します。 また、バスの運行条件や仕様・装備などのグレードによっても変わってきます。 東京都発で、運転手は一人で1日10時間、200㎞運行したと想定します。 貸切バス料金の費用の相場として、国土交通省が定めた「貸切バス新運賃料金制度」に基づいた概算では、定員45名(補助席利用で53~55名)までの大型バスの場合で、77,100円~110,800円(税別)となるようです。 中型、小型の場合は? 定員27名までの中型バスの場合、64,900円~94,800円(税別)、定員25名までの小型バスの場合、54,500円~79,600円(税別)が目安となるみたいです。 定員20名までのマイクロバスの場合、54,500円~79,600円(税別)となります。 いずれも、バスガイド料金、有料道路代、有料駐車代などの実費は含まれません。 貸切バスを利用する場合、まずは見積もりを依頼することになります。 サイトなどで、具体的な料金が載っていないところは交渉次第でかなりの値引きにも応じてくれることがありますが、目安の料金よりも極端に安い場合、違法となる可能性もあるので注意が要ります。 泊りがけ、ガイド付きだと、どれくらい? 貸切バスの利用時間は、基本的に7:00から20:00までの最大8時間利用となり、最低拘束時間は5時間となります。 宿泊を伴う場合、乗務員の宿泊料金が別途必要になります。 通常、会社などの旅行の場合、大型・サロン付き、ガイド付き、週末1泊2日で、12万円くらいが相場と考えれば良いみたいです。 日帰り1日利用の場合、中型で8万円台が多いようです。 地元の2,3のバス会社から見積もりを取れば、相場も把握できるでしょう。 バスの利用だけではなく、宿泊がある場合、旅行会社に手配を依頼することも可能です。

次の

送迎バス運転手の平均的な時給はいくら?雇用形態別に紹介!|日本運転手求人センター

送迎バス 料金 相場

旅行を安くする!貸切バスはここがイイ 貸切バスは飛行機の搭乗手続きや乗り換えが必要なく、集合場所から目的地まで直接向かうことができます。 そのため、大人数での移動では貸切バスがおすすめです。 また、日帰り旅行や会社主催の視察・研修、工場見学などコストを重視する企業でもリーズナブルな費用で利用できます。 スーツケースやスキー・スノーボード、ゴルフクラブといった重い荷物も広いトランクルームがあるため、荷物を預けたまま、手軽に移動できるのも貸切バスのメリットです。 貸切バスの車内は完全なプライベート空間のため、新幹線や飛行機のように他のお客様に気を遣わずに、周囲との会話を楽しみながら、移動できます。 また、小さなお子様がいても迷子の心配もありません。 和気あいあいとリラックスしながら、目的地まで快適に過ごせることは貸切バスの特徴でもあります。 【参考】 貸切バスの料金に含まれていないものがある!? 貸切バスには「オプション」があり、貸切バスの基本料金には含まれない費用があります。 目的地や希望する移動時間によっては、貸切バスの基本料金以外に追加費用が必要です。 【貸切バスの基本料金に含まれる費用】 ・バス(車両)の貸切料金 ・ガソリン代 ・運転手(ドライバー)の人件費 ・事故時の保険料(損害賠償責任保険) 【貸切バスの基本料金に含まれない費用】 ・駐車場料金 ・高速道路などの有料道路の使用料金 ・運転手・乗務員の宿泊費 宿泊旅程の場合 ・バスガイド 中でも長距離移動では高速道路などの有料道路を使う機会が多いため、団体旅行やスポーツクラブの遠征で利用する際は気をつけましょう。 スピーディな対応をしてもらえる会社を選ぼう! 価格情報やバスツアーの内容、安全対策への取り組みはバス会社が運営する公式ホームページや口コミサイトといったインターネット経由で、ある程度、確認できます。 しかし、疑問や懸念点をすべて解消するには不十分です。 貸切バスに関して、わからないことがあれば、気軽に問い合わせをしてみましょう。 貸切バスには大型バス・中型バス・小型バス・マイクロバス毎に基本料金が異なりますが、人数が多いほどひとり当たりの利用料金が安くなります。 貸切バスの相場は5万円後半から11万円が相場となりますが、基本料金に含まれない駐車料金や有料道路通行料なども考慮して、費用を考えなければいけません。 また、価格だけでなく、対応の早さや安全対策の取り組みもバス会社を選ぶ際の重要なポイントとなります。 貸切バス・レンタルバスおすすめ情報• 貸切バスとレンタルバスの違いやメリットについてご紹介します。 15~20人での利用なら、レンタカーよりマイクロバスのほうが断然お得!• 動くホテルのような超豪華ルームやコンシェルジュサービスなど、最高級グレードの貸切バスをご紹介!• 「車種別」にどのくらいの料金で貸切バスが利用できるのかを把握しておきましょう。 貸切バスの料金は季節によってどれほど変わってくるのかをご説明したいと思います。 移動中も車内で大勢でわいわい盛り上がれるのがメリットの一つですが、定番の遊びと言えば何でしょうか?.

次の

契約送迎バスの相場って?具体的な料金や運転手の給料についてご紹介

送迎バス 料金 相場

旅行を安くする!貸切バスはここがイイ 貸切バスは飛行機の搭乗手続きや乗り換えが必要なく、集合場所から目的地まで直接向かうことができます。 そのため、大人数での移動では貸切バスがおすすめです。 また、日帰り旅行や会社主催の視察・研修、工場見学などコストを重視する企業でもリーズナブルな費用で利用できます。 スーツケースやスキー・スノーボード、ゴルフクラブといった重い荷物も広いトランクルームがあるため、荷物を預けたまま、手軽に移動できるのも貸切バスのメリットです。 貸切バスの車内は完全なプライベート空間のため、新幹線や飛行機のように他のお客様に気を遣わずに、周囲との会話を楽しみながら、移動できます。 また、小さなお子様がいても迷子の心配もありません。 和気あいあいとリラックスしながら、目的地まで快適に過ごせることは貸切バスの特徴でもあります。 【参考】 貸切バスの料金に含まれていないものがある!? 貸切バスには「オプション」があり、貸切バスの基本料金には含まれない費用があります。 目的地や希望する移動時間によっては、貸切バスの基本料金以外に追加費用が必要です。 【貸切バスの基本料金に含まれる費用】 ・バス(車両)の貸切料金 ・ガソリン代 ・運転手(ドライバー)の人件費 ・事故時の保険料(損害賠償責任保険) 【貸切バスの基本料金に含まれない費用】 ・駐車場料金 ・高速道路などの有料道路の使用料金 ・運転手・乗務員の宿泊費 宿泊旅程の場合 ・バスガイド 中でも長距離移動では高速道路などの有料道路を使う機会が多いため、団体旅行やスポーツクラブの遠征で利用する際は気をつけましょう。 スピーディな対応をしてもらえる会社を選ぼう! 価格情報やバスツアーの内容、安全対策への取り組みはバス会社が運営する公式ホームページや口コミサイトといったインターネット経由で、ある程度、確認できます。 しかし、疑問や懸念点をすべて解消するには不十分です。 貸切バスに関して、わからないことがあれば、気軽に問い合わせをしてみましょう。 貸切バスには大型バス・中型バス・小型バス・マイクロバス毎に基本料金が異なりますが、人数が多いほどひとり当たりの利用料金が安くなります。 貸切バスの相場は5万円後半から11万円が相場となりますが、基本料金に含まれない駐車料金や有料道路通行料なども考慮して、費用を考えなければいけません。 また、価格だけでなく、対応の早さや安全対策の取り組みもバス会社を選ぶ際の重要なポイントとなります。 貸切バス・レンタルバスおすすめ情報• 貸切バスとレンタルバスの違いやメリットについてご紹介します。 15~20人での利用なら、レンタカーよりマイクロバスのほうが断然お得!• 動くホテルのような超豪華ルームやコンシェルジュサービスなど、最高級グレードの貸切バスをご紹介!• 「車種別」にどのくらいの料金で貸切バスが利用できるのかを把握しておきましょう。 貸切バスの料金は季節によってどれほど変わってくるのかをご説明したいと思います。 移動中も車内で大勢でわいわい盛り上がれるのがメリットの一つですが、定番の遊びと言えば何でしょうか?.

次の