丁寧にご連絡ありがとうございます。 「ご丁寧に」「ご連絡」の使い方は?身につけたい敬語の知識

「わざわざありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

丁寧にご連絡ありがとうございます

この記事の目次• なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 「ご連絡ありがとうございます」には「いただくorくださる」が省略されている じつは「ご連絡ありがとうございます」には省略されている文章があります。 完全な文章にすると以下のようになります。 「ご連絡ありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 2通りの解釈がありますのでそれぞれ敬語の種類をみていきます。 「ご連絡 くださいましてありがとうございます」• 「ご連絡 いただきましてありがとうございます」 「ご連絡くださいましてありがとうございます」の敬語 「ご連絡 くださいましてありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「連絡」• 「〜してくれる」の尊敬語「お(ご)〜くださる」で「ご連絡くださる」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご連絡くださいまして」• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「連絡」に尊敬語「お・ご」で 「ご連絡」• さらに「〜してくれる」の尊敬語「〜くださる」で 「ご連絡くださる」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で 「ご連絡くださいまして」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 「ご連絡いただきましてありがとうございます」の敬語 「ご連絡 いただきましてありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「連絡」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご連絡いただきまして」• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「連絡」に謙譲語「お・ご」で 「ご連絡」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご連絡いただく」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で 「ご連絡いただきまして」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご連絡ありがとうございます の使い方 つづいて「ご連絡ありがとうございます」の使い方について。 文字どおり連絡してもらったときのお礼に使うのですが、ビジネスシーンではとくに何かしら仕事などを依頼してお願いしたメールに返信がきたとき。 お礼として「返信の返信メール」に使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「返信ビジネスメールの書き出し挨拶」 「ご連絡ありがとうございます」はとくに返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 取引先にアポイントを依頼して返信がきたときのお礼。 また貴重なお時間を頂けるとのこと併せてお礼申し上げます。 それでは下記の通り貴社へ訪問いたします。 (中略) 当日は何卒よろしくお願い申し上げます。 のようにして使うと丁寧です。 まぁとにかく「連絡してくれてありがとう!」という意味ですので、そのようなビジネスシーンであれば大抵は使えますね。 「ご連絡ありがとうございます」のより丁寧な敬語 ここまでの解説で「ご連絡ありがとうございます」の意味と敬語・使い方がわかりました。 ここからは、 「ご連絡ありがとうございます」をより丁寧な言い回しにするコツを紹介します。 上司・目上にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 「ご連絡 くださいましてありがとうございます」• 「ご連絡 いただきましてありがとうございます」 としたほうがなお丁寧な敬語です。 なぜならすでに解説のとおりで「ご連絡ありがとうございます」には途中の文章が省かれているからです。 一般的に何かしら抜けおちている敬語フレーズを上司や目上・取引先につかうのは好ましくありません。 極端なたとえですが、• 目上にNG「よいお年を!」• 目上にNG「お大事に!」 というフレーズを目上につかうとイマイチ失礼に感じられるのと同じこと。 前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールをより丁寧にするためのコツ。 「ご連絡ありがとうございます」の前置きに相手への気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 お忙しいところ 「お忙しいところご連絡いただきましてありがとうございます」 「お忙しいところご連絡くださいましてありがとうございます」• ご多忙のところ 「ご多忙のところご連絡いただきましてありがとうございます」 「ご多忙のところところご連絡くださいましてありがとうございます」 「たびたび恐れ入りますがご連絡〜」 ほかにも「早々に」などを繋げても丁寧 あとは「早々に」などの語を前に持ってきても丁寧な敬語になります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 早々に 「早々にご連絡いただきましてありがとうございます」 「早々にご連絡くださいましてありがとうございます」• 早速 「早速ご連絡いただきましてありがとうございます」 「早速ご連絡くださいましてありがとうございます」• 誠に 「ご連絡いただきまして誠にありがとうございます」 「ご連絡くださいまして誠にありがとうございます」• ご多忙にも関わらず 「ご多忙にも関わらず、早速ご連絡いただきましてありがとうございます」 「ご多忙にも関わらず、早速ご連絡くださいましてありがとうございます」 ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ ビジネス会話であれば「ご連絡ありがとうございます」としてもよいでしょう。 あるいは… 親しい取引先・社内の目上・上司などあまり気づかいし過ぎする必要の無い相手にもOK ただし、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。 とくに、 あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。 より丁寧な文章を心がけたいものです。 「ご連絡いただきまして vs ご連絡くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 さきほど紹介したように「 ご連絡いただきましてありがとうございます」と似たような表現には「 ご連絡くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形• 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご連絡いただく=連絡していただく」なのか「ご連絡くださる=連絡してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご連絡ありがとうございます」「 ご連絡くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご連絡 くださいますようお願い致します」 「ご連絡 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご指導して くださりありがとうございます」 「 ご指導 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご連絡」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご連絡ありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご連絡」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご連絡」 お礼シーンだけじゃない「ご連絡」の使い方。 ほかには何かしらの出欠を目上や上司・取引先に「連絡してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 たとえば、• 例文「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」 意味は「連絡してくれるようお願いします」• 例文「ご連絡のほどお願い申し上げます」 意味は「連絡してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご連絡いただければ幸いです」 意味は「連絡してもらえたら嬉しいです」• 例文「ご連絡いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「連絡してもらいたいと思います」• 例文「ご連絡いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「連絡してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご連絡いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「連絡してね!よろしく」という意味なのです。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご連絡くださいますよう お願いいたします」「ご連絡くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご連絡くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 また、貴重なお時間を頂けるとのこと併せてお礼申し上げます。 それでは以下の通りにお打ち合わせいたしたく存じます。 ご査収のほど何卒よろしくお願いいたします。 日時:10月23日10:00-11:30 場所:貴社オフィス 訪問者:山本(上司)、ノマド、計2名 目的:ケミカル市況ご報告 当日はどうぞよろしくお願い申し上げます。 転職・ノマドでございます。 また、ご面談のお時間を頂けるとのこと併せてお礼申し上げます。 それでは以下の通りに貴社へ伺います。 当日は何卒よろしくお願い申し上げます。

次の

「ご連絡ありがとうございます」連絡の正しい敬語表現と使い分け方

丁寧にご連絡ありがとうございます

「ご連絡」の正しい使い方 「ご連絡」は目上へ使う言葉 「ご連絡」という言葉は「連絡」に接頭語である「御(ご)」を付けた敬語表現です。 上司や取引先の担当者など目上の人へ、「連絡します」と接頭語を抜いて使うことは間違いではないのですが、丁寧さに欠けるため「ご連絡」を使う方が良いでしょう。 相手から自分に対し連絡があった場合は「ご連絡ありがとうございます」というように使えます。 「ご報告」は類語だが使い方に注意 「ご報告」は「ご連絡」の類語に該当され、同じく「物事を述べる」際に使われる表現です。 類語となる「ご報告」という言葉ですが、使い分ける必要があり、状況によって「ご報告」なのか「ご連絡」なのかが変わってきます。 「ご報告」とはすでに終了した事柄の結果について述べる際に使われ、「ご連絡」は現在進行している事柄について簡単に述べる際に使われる言葉です。 伝えたい事柄の状況を見て、使い分けましょう。 「ご連絡」の敬語表現 謙譲語を使い「ご連絡申し上げます」 自分から目上の相手へ連絡する際は「ご連絡申し上げます」や「ご連絡いたします」と使います。 「申し上げる」や「いたす」は謙譲語であり、自分をへりくだらせた敬語表現のため、目上の人へ使うことができます。 相手からの連絡には「ご連絡ありがとうございます」 目上の相手からメールや電話で連絡が来た際、「ご連絡ありがとうございます」と使うことができます。 例えば、相手が休みにも関わらず連絡をくれた場合、「休日にも関わらず、ご連絡ありがとうございます」となります。 他にも「早朝にも関わらず」や「お忙しいにも関わらず」など、状況に合わせて使ってください。 連絡が欲しい際は「ご連絡いただけると幸いです」 相手から連絡を貰いたいときは「ご連絡いただけると幸いです」というように使われます。 「幸い」とは「ありがたい」や「幸せ」という意味を持つため、「連絡してくれるとありがたい」という意味の文章となります。 ただ、「幸いです」を使うことで曖昧な文章に捉えられてしまうことがあり、必ず連絡が欲しい際には適していません。 相手から必ず連絡を貰いたいときは「ご連絡お待ちしています」を使う方が適切でしょう。 「ご連絡」を使う際の注意点 「ご連絡差し上げる」に不快を覚える人も 目上の相手へ連絡する際に「ご連絡差し上げます」という言葉は使わないでおきましょう。 「ご連絡差し上げます」の「差し上げる」とは「与える」の謙譲語ですので、敬語表現として間違ってはいません。 しかし、「差し上げる」については、「話してが相手に【差し上げる】ことによってメリットが生じることを期待している」場合に使われることが多いため、「差し上げる」という言葉の響きに、不快感を覚える人もいます。 人それぞれ捉え方は異なるため断定はできませんが、不快と思う人がいる以上「ご連絡いたします」や「ご連絡申し上げます」と言い換えるほうが無難です。 「ご連絡ください」は強引な印象に 相手からの連絡を待つ際「ご連絡ください」という言葉を使うことがあります。 文章的には間違った言い回しではないのですが、命令形である「ください」という言葉を使うことで、強引な印象を与えてしまうことがあります。 「差し上げる」と同様に、受け取り方は人それぞれですので、心配なときは「ご連絡お待ちしております」などと言い換えてください。 メールでの「ご連絡願います」は控える 「ご連絡」の使い方の一つに「ご連絡願います」という言い回しがあります。 敬語としての表現の仕方に問題はありませんが、こちらから「連絡してください」とお願いするのですから、もう少し丁寧な言い回しにした方が相手からの印象も良くなります。 特にメールや手紙など書き言葉として使う際は、表情や声色がわからないため対話シーンよりもさらに丁寧な言い回しを心掛けてください。 「ご連絡させていただく」は相手の許可が必要 一見丁寧な言い回しに聞こえる「ご連絡させていただく」という言葉ですが、「させていただく」とは基本的に他者の許可を得たうえで使用される言葉です。 連絡することを事前に伝えていた場合は別ですが、許可なく「させていただく」を使うことは適切ではありません。 まとめ 「ご連絡」とは目上の相手に対し使うことができる敬語表現です。 相手から自分へ、自分から相手へ連絡する際に「ご連絡」を使うことができますが、使う際は付け加える言葉に注意してください。 一見丁寧な言い回しに聞こえる言葉が、実は相手に悪い印象を与えていることもあります。 社会人として正しい敬語を使いましょう。

次の

「わざわざありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

丁寧にご連絡ありがとうございます

言葉の定義と使い方をおさらい クライアントやお客様、上司などから連絡をもらった場合、よく使われるお礼の言葉として「ご連絡ありがとうございます」が知られています。 ビジネスメールや電話など、連絡手段を問わず利用できる便利な敬語表現です。 例えば、都合が良いタイミングで連絡をいただけるようにお願いしていた取引先の担当者から、実際に電話連絡を受けたときなどに使います。 電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗ったあとに「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的です。 同様の意味を持つ表現として、「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」があり、代わりに利用することも可能です。 なお、さらに相手に対する敬意を表現するために、連絡をいただいたことに対するお礼の言葉を最後に添える場合もあります。 そのようなときには、「ご連絡ありがとうございました」といった過去形を用いるのが通例です。 会話やメールの最後をスマートな印象で締めくくることができるので重宝されています。 ビジネスメール等で使いやすい変化形 ビジネス上のメールや電話をやりとりする中で、「ご連絡ありがとうございます」を多少変化させた表現もよく使われています。 なぜならば、そのときの状況やタイミングなどに合わせて的確な言葉を付け加えることで、より気持ちが込められた敬語表現が完成するからです。 一般的な例として、以下のようなケースがよく見られますので、例文とともに確認していきましょう。 例文1:「お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました」および「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」 連絡を取りたい相手が頻繁に離席や外出をしており、とても忙しいことが推測される場合などに使用します。 相手の方が貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちが強く伝えられる表現です。 例文2:「早速のご連絡、ありがとうございます」および「迅速なご連絡、ありがとうございます」 相手からの返信や回答が早くもらえたら助かるといった状況の中で、すぐに折り返しの電話や返信メールをもらったときに使用します。 例文3:「早朝にもかかわらず、ご連絡ありがとうございます」 勤務時間外に対応いただいたと予想されるときに使用します。 敬語「ご連絡」を正しく使うコツ 敬語表現を使っているときに、「ご連絡」か「連絡」か、いずれが正しい表現か判断しかねることはありませんか。 最も判断に迷いやすいケースは、自分が相手に対して連絡する場合に、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」とするか否かという点です。 以下、敬語表現「ご連絡」に関係する論点を整理していきます。 前章まででご紹介したとおり、相手から連絡をいただいたときにお礼を言う場合には、「ご連絡ありがとうございます」という表現で正解となります。 一方、その反対のケースで、自分から相手に連絡する場合はどうでしょうか。 例えば、取引先の担当者に対して、分かり次第速やかに連絡をする約束をしたと仮定します。 その際、自分が発する言葉としては、「分かり次第、速やかにご連絡いたします」とするのが正しい表現とされています。 ここで「連絡」ではなく「ご連絡」とする理由は、自分からの連絡を受ける相手側に対して敬意を表す必要があるからです。 つまり、連絡をする側か受ける側かにかかわらず、敬語表現を使う場合には、「ご連絡」を使用するのが基本だと覚えておけば問題ありません。 重宝する!「ご連絡」を含む定番表現 ビジネスマナーとして、定番の敬語表現をできるだけたくさん知っておくことも大切です。 「ご連絡ありがとうございます」以外にも、仕事上よく使われる「ご連絡」に関連する定番の言い回しを例文で紹介します。 例文1:「後ほどご連絡申し上げます」 自分から相手に対して、連絡を約束する謙譲表現です。 例文2:「ご連絡いただければ幸いです」 相手から自分に対して、返事や回答をお願いする柔らかい表現です。 例文3:「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」 忙しい相手に対して、「都合が付くときに連絡してほしい」という意向を伝える丁寧な表現です。 例文4:「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」 上司やお客様などに対して、当初の予定よりも連絡するタイミングが遅れた場合に使うお詫びの表現です。 まとめ 状況に合わせて、上記で紹介した「ご連絡ありがとうございます」のバリエーションを使いこなすことで、相手に対して好印象を与えることができます。 気の利いたお礼の言葉をタイミング良く伝えられるよう、普段から使い慣れておくことも大切ですね。

次の