高橋 大輔 ブログ の の まめ - 高橋大輔、格好よさのカリスマ

まめ ブログ の の 高橋 大輔 日本騒然! 高橋大輔「アースジェットCM」の裏側(田中

まめ ブログ の の 高橋 大輔 高橋大輔選手の新たなプログラムと、ワクチンの歴史は牛から始まった!?

まめ ブログ の の 高橋 大輔 高橋大輔さんと共に momokikuのブログ

まめ ブログ の の 高橋 大輔 高橋大輔、格好よさのカリスマ

まめ ブログ の の 高橋 大輔 高橋大輔さんと共に momokikuのブログ

まめ ブログ の の 高橋 大輔 日本騒然! 高橋大輔「アースジェットCM」の裏側(田中

高橋大輔さんと共に momokikuのブログ ランキング

まめ ブログ の の 高橋 大輔 高橋大輔、格好よさのカリスマ

まめ ブログ の の 高橋 大輔 高橋大輔選手の新たなプログラムと、ワクチンの歴史は牛から始まった!?

まめ ブログ の の 高橋 大輔 [ フィギュアスケート:高橋大輔さん

まめ ブログ の の 高橋 大輔 アイスダンス転向から1年半…高橋大輔『LUXE』解き放たれた演技の実況中継(田中 亜紀子)

日本騒然! 高橋大輔「アースジェットCM」の裏側(田中 亜紀子)

同じようなことを高橋選手も言っている。

  • 「こんなに見せてくださって ありがとうございます!!」というくらい 放送してくださったものなぁ。

  • 特に日経新聞は好意的で良質な記事を書いてくれていた。

  • 面白かった!楽しかった! 見る(聞く)ことができて良かった。

高橋大輔選手の新たなプログラムと、ワクチンの歴史は牛から始まった!?

「証明」されたので 正しく裁かれますように。

  • 日本以外でのフィギュア人気の凋落ぶりが、それを裏付けている。

  • タグの 「文化芸術は生きるために必要だ」には うんうんと頷くばかり。

  • 私たちの心を照らす演技(高橋大輔編) 実際のところ、真備地区以外の地区も全く無傷だったというわけでは無く、床下などの浸水被害や土砂崩れによる道路遮断などが発生していますし、 降雨が終息した後になってから発生している危険もあります。

日本騒然! 高橋大輔「アースジェットCM」の裏側(田中 亜紀子)

一連の動きのつながりの間に、クンっと跳ね上げるようなアクセントがあって、その度にこっちの心臓も跳ねる。

  • こうした実感をもった話ができるのは、恐らく現在のアマチュアスケーターでは高橋選手だけだ。

  • 先に挙げた日経の記事もそうだが、たとえばこの宮沢賢治・・・じゃなくて、宮本賢二氏の解説。

  • 氷艶の出演者たちが再結集した「新たな挑戦」 予感はあった。

アイスダンス転向から1年半…高橋大輔『LUXE』解き放たれた演技の実況中継(田中 亜紀子)

コーチでありながら、ファンの目も持つ・・・これはできそうで、簡単にはできないことだ。

  • 廃人まっしぐら(^^; 特に「ナルシス」と「黒い鷲」から「LUXE」 「不死鳥」と最後の歌のリピ止まらないです。

  • 前回悲劇を演じた公演から親交を深め続けたメンバーたちが、今度は明るくレビューを演じるということになる。

  • 面白かった(^^ こういうカタチで見られるの ありがたいです。

[ フィギュアスケート:高橋大輔さん ]

「ジャンプもすごい」「世界一のステップ」という一般的な解説に加えて、「楽器を表現できる。

  • バイオリンならこう伸びるような動き、ピアノならこう叩くような動き(つまり、弦と打の音質の違いを表現できるという意味)」「どこもかしこも動いている(つまり、全身を使った身体表現がエネルギッシュで卓越していることを言っている)」といった普通のファンにはあまり気づかないような点にも言及している。

  • 2度めからはどんどん平凡でスカスカでつまらなく見えてくる。

  • ここまで、「格好いい」と言われれば、本当に格好よく見えてくる。

[ フィギュアスケート:高橋大輔さん ]

トリプル録画したので 1つは大輔君バージョンにして 延々リピしてます。

  • ニコリともせず、流麗にスピンやアクセルジャンプの技を決めながらアースジェットを噴射し、ハエや蚊虫に扮するスケーターたちを撃退していく。

  • つまり、高橋選手は自分で鏡を見ながら自分自身で自分の思い描く「格好よさ」を作っていくのではなく、長光コーチに「格好いいか、変か」を見てもらい、「変だ」と言われれば、それを修正していくという、かなり受身な手法を取っているということだ。

  • キム・ヨナ選手にも同じ傾向の才能があるようにも思うのだが、彼女の場合は、アイドル歌手の振り付けのような単純でインパクト重視の大衆性に傾いていってしまったのが、個人的には残念なのだ。




2021 cdn.snowboardermag.com