ネクロマンサー 攻略。 邪聖剣ネクロマンサー

攻略チャート (1) ‐ 邪聖剣ネクロマンサー

ネクロマンサー 攻略

スポンサーリンク ランダメリア お城へ行き、お供の2人を選んだら冒険の始まりです。 もご参照。 お城の左下の家の人が冒険の基礎を教えてくれるので聞いておけばいいと思います。 まずは周辺で肩慣らしを。 最低でも誰かしらに回復魔法の ライルを持たせ、海沿いに出没するレモラに勝てるくらいになったらヘラーシャへ向かいましょう。 場所は西という情報が聞けますが、実際は東回りの北にあります。 ヘラーシャ 宝箱 こもんじょ ディガールの家 ここである程度の武具、特に攻撃勢に ソードは欲しいところです。 ディガールの家の宝箱の 「こもんじょ」もとりあえず回収しておきましょう。 戦力が整ったと思ったら、一旦ランダメリア方面に戻ります。 ランダメリアから西回りで南下したとことにあるほこらへ。 ランダメリア南のほこら 宝箱 どくけしそう 老人から呪われた 「バーンのつえ」を授かります。 これがあれば次の地方へ進めますが、呪いを解いたほうが便利なので、再びヘラーシャへ向かいます。 ヘラーシャ 左側にいるガロースに解いてもらおうとするも、呪いが強力過ぎて解けないとのこと。 ガロースの師匠であるドルンに頼るため、次は北の洞窟へ。 洞窟を照らす グラレムを買っておきましょう。 ヘラーシャ北の洞窟 宝箱 400 GP B1 やくそう B2 スターサファイア B2 B1にドルンがいて、呪いを解くには 「スターサファイア」を持って来いとのこと。 普通にB2の宝箱にあります。 持っていけば「バーンのつえ」の呪いが解かれ、道具使用で敵1グループにダメージを与えられるようになります。 なお、「スターサファイア」は終盤にも用途があるのでそのまま所持しておきましょう。 すでに売ったり捨てたりしていた場合は同じ宝箱を開ければ再入手できます。 ランダメリア南西のほこら ランダメリアから南西にあるほこら。 「バーンのつえ」があれば、ここから次の地方へと進めます。 ほどなく見えてくるビレッタへ。

次の

邪聖剣ネクロマンサー マニアックデータ

ネクロマンサー 攻略

NIGHTMARE REBORN 数年前にクリアまで遊んだ作品で、久し振りに遊びたくなったので。 「 NIGHTMARE REBORN」は にて800円で販売されてるになります。 は、1988年にソフトとして発売した作品で 今作は、その「続編」になります。 2009年に携帯アプリにて2が発売。 2010年に2をアレンジ移植した作品として NIGHTMARE REBORNが、にて配信開始したという感じ。 前作とは世界観的な繋がりはあるんですが 今作は、1000年後のお話になるので、前作を遊んでいなくとも問題はないです。 自分自身、前作遊んでいないけれども、お話は全く問題なく入れたので。 まあ、1000年前の話として、ゲーム内にて前作のお話を ある程度は聞けるので、それで問題ないというのもあります。 『 NIGHTMARE REBORN』のストーリー >かつて人間は一人の勇者によって悪魔から救われました >神の生み出した邪悪な剣によって・・それが >神すら持て余したその剣は再び世に争いが起きぬよう地の底深く埋められました >しかし・・千年の時が流れた今、人間たちは滅びの日を迎えようとしています >ネクロマンサーが掘り起こされたのです >世界には悪魔がはびこり、空は闇に閉ざされ、朝の訪れや午後の日だまり >黄昏空の移ろいを知る者さえもういません >祈れども神は現れず、人間はただじっと最期の時を待っています ゲームの方は、オーソドックスなエンカウント式のターン制です。 町では、壷などを調べることでアイテムが手に入ることも。 2D系でよくあるやつですね。 フィールドも、3などにあるような感じのものです。 大体、グラフィックは の後期(1994~1995年)くらいですかね。 魔法は主に、購入して習得するタイプ。 装備枠の少ない作品もありますが、ネクロマンサーは全部で6枠なので 普通程度といったところかね。 装備品は、購入や宝箱からの入手なので、その辺も大体普通のですね。 戦闘は、ターン制です。 独自仕様として、通常攻撃の場合に、敵に2回3回連続で攻撃できることがある点かな。 これは特技とかではなく、全員が行える行為になります。 ただし、敵も通常攻撃をした時に、1ターンで1回ではなく 1ターンに2~3回攻撃を行うこともあります。 雑魚敵戦ではまだしも、ボス戦でもそれをやってくるので 戦闘難易度は、ちょっと高めかなあと思います。 戦闘では、敵がうねうねと動いております。 2D系の戦闘画面にしては動くのは凄いw 魔法使用時の演出は結構派手だし 敵を倒した時に血飛沫演出もあったり(オプションでこれはオフにできたかも) BGMは、やシリーズの 「」さんが作っています。 救いのない展開も結構多いです。 そもそも、主人公御一行以外の大半の人間は 既に心が折れてしまっていて、死を待つか神に祈りを捧げるくらいしか やっていないような人ばかりなので、まあ救われないねえ・・w セーブは、基本は宿屋。 ダンジョン内にも石碑があって、触れることでHPMP全快+セーブが行えるので セーブの不自由さはそれほどはないです。 トラウマレベルの要素もあって、水辺での戦闘と 橋を渡った直後の戦闘は、敵が非常に強くなったりするので 一瞬で全滅することもある点かねw 全滅すると、タイトル画面に戻ってしまうので、そこは要注意。 やり込み要素も豊富にあって クリア後ダンジョンと裏ラスボスもいるし 上の画像は、クリア後のダンジョンにある道具屋さんの品なんだけども ステータスを底上げ出来る消耗品の秘薬が1個50万で販売されていたりもします。 全てのステータスを限界値まで上げるやり込みもできます。 クリアでモードの開放もあるし としての完成度も高いし、お話の完成度も高い、クリア後要素もあるし これで800円ってのは安いと思うし の作品としては、個人的には高く評価したい作品です。 動画は、スタートから中ボスを倒して、次の町に着いたところまでです。 大体、7分10秒過ぎにフィールドに出て戦闘開始な感じ。

次の

ユツリア地方とダウルー島

ネクロマンサー 攻略

組み合わせによってゲームバランスが天地ほど違う。 ライム・カオス 王レベル。 魔術師が2人。 ライムが魔法、カオスはバーンの杖。 これだけで雑魚が楽に片付く。 レジェルダーの使い道が無くなるのが難点。 ライムは攻撃魔法中心、カオスに装備させたいが素早さが低いので敵に当たらないために使いどころに悩む。 防御に関しては、ダーバローブはレベルで防御力が上がるので魔術師のくせにやたらと防御力があるのが利点。 特筆すべきはラスボスにデミール連発。 ラスボスにはデミールとネクロマンサーしか効果がないので手っ取り早くラスボスの戦闘が終わるパーティである。 ライム・バロン 騎士レベル。 体力のある敵にはバロンの一撃。 全体攻撃はライムの呪文と幅が利くコンビ。 決まれば生きている雑魚はいない。 ボス戦でもバロンの強力な一撃、ライムの魔法攻撃が実に役に立つ。 レジェルダーをバロンに装備させれば主人公のネクロマンサー装備状態と100しか違わないので2人ネクロマンサー状態。 ラスボス四天王にレジェルダーごときでダメージを与えるという芸当ができる。 バロンの攻撃はよく外れる。 結局は主人公のみで倒してしまうことはよくある。 これは宿命であり、「連続で何回外れたかを競う」くらいの心構えで行かないとやってられない。 ライム・マイスト 皇帝レベル。 序盤はマイストのバーンの杖や攻撃、ライムの呪文攻撃で雑魚の反撃を受けずに片付けられる。 マイストの逃げの速さで勝てそうにない敵から延々と逃げて町にたどりつけるし、ボス戦ではボスの攻撃を避けるマイストにライムの呪文攻撃が役に立つ。 反面、マイスト、ライムが戦闘から逃げてしまう欠点がある。 マイストは3回まで攻撃できるようになるのが速いので武器と敵によっては主人公を凌駕する攻撃を繰り出すことができる。 レジェルダーを装備で雑魚相手であれば数回攻撃で1ターンで葬れる。 バロンと違って精神衛生上非常に良い。 ライム・ロミナ ハーレムレベル。 基本的にライムの呪文と主人公の攻撃が頼り。 ロミナは戦力にならないのでバーンの杖でも持たせる以外ない。 最後の大陸まで到達できるレベルになればロミナは主人公と同じ能力まで成長できる。 それまでは辛抱強く育てるしかない。 ロミナが育てば全体回復呪文やレジェルダーやミゲルアーマなど装備でさらなる経験値稼ぎをサポートしてくれるようになる。 ボス戦ではライムが要。 育ったロミナまで行ける場合すでにボスはいない、いてもラスボス四天王のみで、ロミナのレジェルダーくらいではダメージは期待できないので無意味。 カオス・バロン 亀レベル。 素早さが最下位2人なのでちょっと強い敵の攻撃を数回くらうという地獄を味わえる。 バロンが盾になっても数回攻撃されるのだから盾にもならない。 敵のバロン、カオス、主人公と絶妙な三段攻撃は良くある。 ボス戦は意外と強力でバロンの直接攻撃とカオスの「先読み回復」の嵐で確実に倒せる。 このコンビはまるでカメ、鈍いが防御は最高。 気の長い人でないと辛い。 カオス・マイスト 農民レベル。 まず、バーンの杖を誰にもたせるか悩む。 マイストに持たせる場合、カオスが攻撃呪文のグフト、グフトスを持っていないとカオスがお荷物。 カオスに持たせる場合、マイストの攻撃が敵にそこそこのダメージを期待できないとマイストがお荷物。 しかもボス戦で勝つには主人公の攻撃のみが頼り。 回復の要であるカオスが敵の攻撃によって死んでしまうと終わり。 そのために防御力が上がるバラムを覚えるまで臨時としてマイストに回復のアイテムを携帯させるという面倒なことをしなければならない。 レジェルダーを拾うまで苦労が耐えない。 カオス・ロミナ 奴隷中の奴隷レベル。 ロミナは最後まで行かないとお荷物。 したがって主人公のみで雑魚を倒して経験値を稼いでいくしかない。 非常に時間がかかる雑魚戦。 非常に辛いボス戦。 これで組んだらやり直したくなる。 しかし、このハードルをクリアして最後の大陸まで到達できるレベルになれば、ロミナが使えるようになるので経験値かせぎが楽になるし、最強の回復呪文ゼライガスを使える人間が2人もいるという楽しみができる。 四天王、ラスボス戦闘は非常に楽。 カオスとバロンのコンビ以上に気が長くない人でないと辛い。 バロン・マイスト 炭坑奴隷レベル。 まともな回復系が主人公のゼライル以外存在しないのが難点。 しかも誰もラミールの呪文を使えないためにアイテムに頼らないとならない。 四天王をひとり倒したらアイテムを買いに町に戻るという面倒さがある。 回復に難点があるが雑魚はバロンの防御力の高さとマイストの素早さで意外と回復に頼らなくて済む。 ボス戦は回復にアイテムを所持しないとならないという面倒さ。 バロンの攻撃が外れてばかりいると全滅するというスリリングな戦闘が楽しめる。 マイストはレジェルダー装備、バロンはサクシード装備で直接攻撃は最高。 ラスボスとの闘いが一番辛いパーティでもある。 バロン・ロミナ 奴隷レベル。 バロン・マイストのコンビより更にひどく、バラムが使えないとくる。 ロミナにバーンの杖を持たせ、バロンと主人公の直接攻撃で雑魚戦はなんとかなる。 問題はボス戦でマイストと違い、ロミナが遅いのでアイテムによる「先読み回復」が必要、バラムが使えないので四天王1番4番目が脅威とくに4番目は悪夢の産物。 ロミナが育った場合、どちらかをお荷物にする決断を迫られる。 ロミナがラミールを使えるのが救い。 マイスト・ロミナ 奴隷中の奴隷レベル。 ロミナが育つまで回復が期待できない。 直接攻撃で期待できるのが主人公のみ、ロミナはバーンの杖として、マイストがある程度育たないとダメージ値にならないので戦闘が長くなる。 ボス戦がきつく、先の町へ行って武器を先買いしないと地獄の経験値稼ぎしか道がない。 ロミナが育ったとしてもマイストにレジェルダーを装備させたほうが効果的なので最後までお荷物と化す。

次の