ボリショイ バレエ キリル その後。 ワガノワ国際バレエコンクール 結果: バレエ忘備録

【TV】「バレエの王子になる!“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春」(再放送)&「その後のバレエの王子たち」2020年5月13日(水)放送

ボリショイ バレエ キリル その後

取材の場は、ロシア国立ワガノワ バレエ アカデミー。 1738年創立の、世界最高峰のダンサー養成学校。 10歳から18歳の生徒たちが在籍。 卒業・就職を間近に控えた少年たちを追う。 校長は、かつて名門・ボリショイバレエ団で18年間もプリンシパルを務めた男性。 凄い・・・ 「観客が見るのは、光り輝く泡。 ダンサーは、その泡しか見せてはいけない。 泡の中には、血と汗と涙が浮かぶ。 努力 努力 努力 努力 努力」 彼が受け持つ特別な生徒たちは ミーシャ アメリカ出身。 「僕は舞台上で一切緊張せず、踊る喜びを感じる」 成績トップで「十年に一人の逸材」と校長が絶賛。 アラン 母が日本人だがイギリス育ち。 身長175cmの「小柄」。 背の低さを補う得意技は、ジャンプ。 跳躍力が抜きん出ている。 「アランは日本的な筋肉なので、柔らかさが足りない」 「日本の文化はとても静的で、感情をダイレクトに見せる芸術が少ない。 歌舞伎や能は様式美ですよね」 「君はいつも日本の歌の感じで踊るが、そうではない」と注意されたアラン。 レッスン後「日本の歌で例えられても、日本の歌が正直わからない」と戸惑いを見せる。 ~ ~ ~ 進級試験で不合格となった少女は先生に訴える。 「私は他の生徒より太っていますか?納得できません」 すると先生は「審査員は、太りやすいあなたの体質を見越して判断したの」 少女の仲間が「あなたは自分と戦える人でしょう。 きっと痩せられる。 一緒に練習しよう」と励ますが・・・一か月後の再試験にも落ち、退学した。 先生「ここでは、痩身の人のみが教育を受けられる」 入学しても、半数は卒業できず去っていく。 ~ ~ ~ アロンのような外国人は、ロシア語の試験も受ける必要がある。 「精神的にも肉体的にもハード。 毎日、やるべきことに追われている。 でも、バレエが好き」 レッスンで校長から「君を惨めに見せるな」と言われても「背が高く見えるよう指導してくれる」 「親に文句を言いたくなったり、手足の長い生徒に嫉妬するけれど、小柄な現実を受け入れるしかない」 アロンの祖父は学生相撲の名力士だった。 第46代横綱・朝潮も親戚にあたる。 11歳で英国ロイヤルバレエスクールに入学、16歳でワガノワに編入した。 「ロシアのバレエは格別で、他の国で見てきたものとは全く違う」 校長「頭が良く、私の言葉を注意深く聴く」 母「真面目で、潔い。 昔の日本人的」 ~ ~ ~ ロシアでプロのダンサーになるには、国家試験に受かることが条件。 成績が就職活動に影響する。 校長にとっても国家試験は、学校のすばらしさを証明する大事な場だ。 ~ ~ ~ キリル ベラルーシ出身。 身長189cmで眉目秀麗。 美形を生かし、2年前からモデルのアルバイトもしている。 VOGUEの表紙を飾ったことも。 「兄弟が3人いるから、親に頼れない。 いくら体形が良くても努力家でないと、この世界ではダメです」 ~ ~ ~ 国家試験対策・・・校長「各人の欠点を隠すのが、私の仕事」 「どの生徒にも欠点があり、そのまま踊れば審査員にわかってしまう」 レッスンで怒鳴る校長。 「審査員にクソを浴びせるような踊りだ!私は審査員の席にいないから、被害を受けないがな!」 「陸に捨てられた魚のような顔をするな」 「バレエをいう職業に奇跡は起きない。 絶対に!コネもファンタジーも役に立たない。 努力のみ!努力しか成功のレシピはない。 永遠に忘れるな!才能は降ってこない。 決して!」 ~ ~ ~ 国家試験の前日、運悪くキリルが風邪をひく。 校長と共に医務室に向かう。 そりゃ、幼い頃から将来の目標をもち、親元を離れて本格的な教育を受け、様々なプレッシャーと日夜闘い、18歳で就職を決めるのだからな・・・。 留学生ならなおのこと、苦労が多いだろう。 女の子の「あなたは自分と闘えるでしょう」には、驚いたな。 15歳くらいで、そんな円熟味ある台詞をさらっと言うとは・・・。 「あなたなら乗り越えられる」を遥かに超えた深みがある。 アロンは、母が日本人といっても、日本文化には親しんでいないようだ。 校長に日本を持ち出されて注意を受けても、本人としては「僕は日本のこと、何も知らないって!」と言いたいのではないか。 お母さんが言うように、とても真面目な性格という感じがする。 キリルは、恵まれた容姿が目を引く。 モデルとしてチヤホヤされるだろうに、ブレずにバレエをやめないのが偉いと思う。 でも、校長の評価は手厳しい。 経験からわかるのだな・・・色々と。 でも「成長する力がない」生徒を、自分の特別クラスにいさせるのは、なぜか。 生徒も大変だけれど、 校長も大変だ。 国家試験での評価が、己の評価に直結するのだから。 「欠点を隠す」・・・「ありのまま」は気合が足りない・頭が悪い・怠惰なだけなのだ。

次の

BS1スペシャル「バレエの王子になる!“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春」

ボリショイ バレエ キリル その後

オススメ!2020. ロシアにおいてバレエは、芸術であり、市民の誇りであり、国民の象徴でもあります。 その礎を作った方がアグリッピナ・ワガノワという女性です。 そんな彼女の名を冠した、世界最高峰の名門バレエ学校「ワガノワ・バレエ・アカデミー」で学ぶ男子生徒たちに密着させていただくことになりました。 留学生の場合だとだいたい6年次に編入して3年間在籍し、ロシアのバレエ団のオーディションを受けるというルートが基本となっています。 大体一学年に60人程度ではじまり、半数ほどが進級試験などで脱落していくんですよ。 技術はもちろんのこと、容姿も進級できない理由になります。 どんなときもバレエを踊るにふさわしい美しい体型でいなければならない、ある種残酷な世界ですよね。 でも、生徒たちがバレエ漬けの狭い世界で生きることになるからこそ、学校側はそぐわないと判断した子を早めにリタイヤさせて違う道を歩ませてあげる必要があると、今回の取材を通して知りました。 というのも、この3か月に生徒たちにとって人生を左右する3つの出来事が重なっていて。 ドキュメンタリーなので、若い彼らが人生を選択する瞬間を捉え、気持ちの変化を映していきたいと思いながら撮影しました。 ロシアではバレエダンサーは国家公務員のような位置づけなので、プロになるには国家試験を突破しなければなりません。 二つ目はバレエ団のオーディションで、いわば就職試験ですね。 そして三つ目がワガノワ・バレエ・アカデミーでの集大成となる、卒業公演です。 それぞれ、本番やその舞台裏での様子などを撮らせていただきました。 舞台上は美しくきれいな世界ですが、裏側ではどれだけの苦労や努力があるのか、舞台から降りてきた瞬間の息遣いも含めてお伝えします。 成績ナンバーワンで、校長であるニコライ・ツィスカリーゼ先生の秘蔵っ子のような存在であるミーシャ、名実ともにミーシャに次ぐナンバー2の成績を収めているマルコ、お母さんが日本人のアロン、そして優等生ではないものの、抜群の容姿を持っているキリルです。 左からミーシャ、マルコ、アロン、キリル 4人とも個性的で、例えばミーシャは天才肌の芸術家。 僕自身、カメラをまわしていてもミーシャの美しい踊りに目を奪われてしまいました。 また、アロンは背が高くなくて、高身長のミーシャやキリルの隣に並ぶとどうしても見劣りしてしまうんです。 ですが、それをカバーすべく、ひたむきな努力を重ねていて心を打たれました。 マルコはワガノワでの成績ナンバー2でありながら、バレエ団のオーディションでは一転、苦戦を強いられてしまいます。 彼の気持ちとの向き合い方、そして再びオーディションに挑んでいく様子もご注目ください。 最後にキリルは、モデルのアルバイトをしているぐらい美しく、スタイルにも恵まれた男の子です。 その一方、学校での成績は悪く、校長からも怒鳴られっぱなし。 おまけに大事な国家試験の日は体調を崩してしまいます。 そんなキリルが試験を経て、どんな選択をするのか。 見届けていただければと思います。 本当に全然教えてもらえなくて。 ましてやオーディションの様子なんて絶対に撮らせてもらえない。 そんななか様々なシチュエーションを撮ることができたのは、ロシア人コーディネーターと、何よりも生徒たちの協力があったからでした。 男子生徒は、みんな本当に良い子たちで仲も良く、ライバル関係で火花を散らす!みたいなものもないんですよね。 アロンとマルコは寮が同室なのですが、アロンに「卒業公演の初日の主役を取りたい?」と聞いてみたら「僕は踊れるだけで満足だから」と語っていたんです。 そのあとマルコに同じ質問をしてみたら、まったく同じ回答が返ってきてびっくりしました。 加えて「僕たちずっと一緒だからつながっているんだ」なんて話していましたよ。 基本は現場に触らないというか、前もって「こうしよう!」とかは決めずに、その場にいさせてもらって、もし怒られたら出ていこうというスタンスで臨みました。 もちろん、彼らの一番大事な時期にカメラを向けるわけですから、細心の注意を払いました。 校長はとても厳格で超スパルタですが、メディアにも理解がある方で「バレエは人に見られる職業なんだから、こんなカメラでナーバスになるようじゃだめだ」と生徒たちに言っていましたね。 撮影は、授業の様子を定点カメラで収録することからはじめ、そこから少しずつ校長や生徒たちと距離を縮めていきました。 ロシア独特の「芸術の邪魔にならないんだったらいいよ」という段階に行くまでが、精神的にキツかったですね。 これまで撮ってきた番組でもカメラが入ると取材の対象者がちょっとリップサービスしたり、カメラに見せるための表情を浮かべたりなんていうことはあったんです。 ですが、今回はそういうのがまったくありませんでした。 ただ、学校で取材できる日数はあらかじめ決められているなか、校長が生徒たちにすごく怒っているから話しかけにくい。 撮れ高が厳しいなぁ…なんて困ってしまった日はありました(苦笑)。 心に残ったのは、試験直前にこれまでとても厳しく怖かった校長が「僕が君たちのことを愛していることを知っておいてね」と生徒たちを送り出したところ。 厳しさのなかに美しさや愛がある、ロシアバレエの神髄のようなものを感じましたね。 性格もまっすぐではなく(笑)、わりと批判的観点から物事を見ていくタイプなんです。 実はバレエはまったくの素人なのですが、実際に取材してみたことで、「この子たちはとても美しいな」と素直に感じ入りました。 校長は「ダンサーは舞台で美しく輝く泡しか見せてはいけない。 泡のなかには、血と汗と涙が浮かぶ」「努力しないと踊り続けられない」と語っており、この言葉に全てが集約されていると思います。 バレエに興味がある方やお好きな方はもちろんのこと、今まで関心がなかった方も「この子かっこいい!私だったら推しメンはこの子だな」なんて軽い気持ちで、ひとつの青春物語として、ご覧いただけたらうれしいです。 卒業公演 ナレーションは女優・原田美枝子さんが担当します。 生徒たちの人生をかけた3か月間、いったいどんな戦いの日々だったのか。 地球リアル「その後のバレエの王子たち」 【放送予定】5月13日(水)[BS1]後9:49~9:59 取り上げた番組はこちらです!.

次の

第25回黄金のマスク賞受賞式がボリショイ劇場で行われた|チャコット

ボリショイ バレエ キリル その後

経歴 [ ] 出身。 バレエを始めたのは9歳のときで、ボリショイ・バレエ学校でアレクサンドル・プロコフィエフから指導を受けた。 1989年にボリショイ・バレエ学校を卒業する際、モスクワ音楽劇場バレエ団から入団の誘いを受けた。 バレエ学校の当時の校長で名教師として知られたソフィア・ゴロフキナに報告したところ、「あなたはボリショイ・バレエ団に行くのです」と言われて、ボリショイ・バレエ団に入団した。 ボリショイ・バレエ団ではニコライ・シマチョフ、マリーナ・セミョーノワ、 () の指導を受け、1990年にに昇格した。 と並んでボリショイ・バレエ団を代表するダンスール・ノーブルとして評価され、世界各国のバレエ・コンサートへの出演やロシア国外のバレエ団への客演も多かった。 フィーリンは豪快な跳躍や素早い連続回転などの力技で観客を圧倒するタイプのダンサーではなく、正確な基礎技術に支えられた細やかな踊りを特質としていた。 そのため、精緻な足さばきなどが要求される19世紀の振付家、の作品を得意とするダンサーとして批評家から注目された。 ブルノンヴィル作品以外では、『』のアルブレヒトや『』のジャン・ド・ブリエンヌ、『』のジークフリート王子などロマンティック・バレエやクラシック・バレエの役柄を得意とした。 その一方で、作曲の『』( 再振付、2003年)では、に姿の「バレリーナ」役でコミカルな一面を見せて好評を得た。 ボリショイ・バレエ団在団中の1988年から、ゴロフキナの指導のもとでロシア舞台芸術アカデミー振付インスティテュートに入会し、1991年に教員資格を取得して卒業した。 2006年には、を卒業した。 2008年、38歳でダンサー生活に終止符を打ち、指導者の道を進むことになった。 2008年にモスクワ音楽劇場バレエ団の芸術監督に任命され、2011年までその地位を務めた。 モスクワ音楽劇場バレエ団芸術監督在任中は毎月10公演を行い、新作を1作必ず上演するという目標を立ててその実行に努めた他、若手ダンサーの積極的な登用ややなど新しい振付家の作品をレパートリーに導入するなど、バレエ団のレベルアップに取り組んだ。 2011年3月18日、前任のユーリー・ブルラカに代わってボリショイ・バレエ団の芸術監督として5年間の契約を結んでいる。 フィーリンは数多くの賞を受けている。 1996年には、2001年にはに選ばれている。 襲撃事件 [ ] ボリショイ・バレエ団芸術監督就任後、フィーリンはクラシック・バレエの名作やなどの・バレエの傑作などの他に、20世紀後半から21世紀に至るバレエの斬新なレパートリーを上演する方針を打ち出した。 ただし、ダンサーの昇進や配役などをめぐって強引な手法を使ったと伝えられるなど、バレエ団の運営に関して対立を抱えていた。 2012年の年末頃からは、脅迫電話や車のタイヤを切り裂かれるなど、周辺で不審な出来事がたびたび起こっていた。 2013年1月17日の深夜、フィーリンはモスクワ市内にある自宅へ帰宅途中に何者かの襲撃を受けた。 自宅付近で顔を覆った人物に襲われたためフィーリンは逃げようとしたが、その男は追いかけてきて顔に強酸性の薬品をかけた。 フィーリンは顔やに重度のやけどを負った。 警察当局はバレエ団運営上のトラブルが原因と見ているが、私生活のトラブルも視野に入れて刑事事件として捜査を始めた。 ボリショイ・バレエ団の関係者は、この事件に大きな衝撃を受けた。 プリマ・バレリーナの1人、ニーナ・カプツォーワ()は「フィーリン氏は品行方正で公明正大な人だったため、誰からも愛されていた」と話し、ボリショイ・バレエ団に所属していたは自分のブログに「悲しくて残念でなりません。 彼の一日でも早い復帰を、心から祈っています。 」と書いた。 ボリショイ・バレエ団の元芸術監督で振付家のは、「今回の事件は偉大なる劇場の真の悲劇だ。 セリョージャ よ、すぐに元気になって気丈に乗り切ってくれ! 」と語っている。 フィーリンは角膜に重度のやけどを負っていたため一時は失明の恐れがあったが、・の病院で22回の眼科手術と組織移植を受け 、その後医師からは一定の視力確保の見通しが示されたという。 ボリショイ・バレエ団の芸術監督代行は、かつて同バレエ団でプリマ・バレリーナを務めていたが務めることとなった。 2013年9月17日、職務に復帰した。 その後も治療を続けているが、左目が8割見える状態、右目が指を見分けられる状態に回復したという。 2013年3月5日、実行犯、犯行を指示したボリショイ・バレエ団のソリストで元準主役級ダンサーのパーヴェル・ドミトリチェンコ()、運転手役の3人の男が逮捕された。 ドミトリチェンコはフィーリンの襲撃を計画したことは認めているが、硫酸をかけるように指示はしていないと供述し、実行犯も「硫酸を使ったのは自分の案で、ドミトリチェンコには伝えていなかった」としている。 なお、犯行後、実行犯はドミトリチェンコから5万ルーブルの報酬を受け取っていた。 動機については、ドミトリチェンコは「配役が不満だった」と述べており 、ドミトリチェンコの恋人のダンサーであるアンジェリーナ・ヴォロンツォワ()が2012年暮れに「」の主役・オデット姫役を要望したが、太り気味だったためフィーリンに「鏡を見てみろ、それがオデットか」と断られたことが怨恨の原因ではないかとされている。 2013年12月3日、の裁判所はドミトリチェンコに懲役6年、実行犯に懲役10年、運転手役に懲役4年の判決を言い渡した。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• ニコライの息子もバレエダンサーで、ボリショイ・バレエ団でとして活躍した。 アレクセイ・ラトマンスキーは、2004年から2008年までボリショイ・バレエ団の芸術監督を務めていた。 ユーリー・ブルラカの後任として有力視されていた元芸術副監督のゲンナジー・ヤーニンは、捏造されたわいせつ写真がばらまかれたことが原因でボリショイ・バレエ団を去る事態になっていた。 Serezha。 セルゲイの愛称。 女性がボリショイ・バレエ団のトップに就任するのは、ステパネンコが初である。 出典 [ ]• (ロシア語)• (英語)• (英語)• 2009. 13 Chacott webマガジン DANCE CUBE ワールドレポート 世界のダンス最前線 from tokyo 2013年1月26日閲覧。 2013年1月26日閲覧。 2013年1月26日閲覧。 -news. com 2013年1月26日閲覧。 岩田守弘オフィシャルブログ、2013年1月26日閲覧。 ロシアNOW 2013年9月10日• com 2013年1月26日閲覧。 By SOPHIA KISHKOVSKY and ELLEN BARRY Published: January 22,2013 Com. 2013年1月26日閲覧。 読売新聞 2013年10月18日• AFPBB news 2013年3月7日• AFPBB news 2013年12月3日 参考文献 [ ]• ダンスマガジン編 『バレエ・ダンサー201』 、2009年。 第10回世界バレエフェスティバル公演プログラム、2003年。 ボリショイ・バレエ 2012年日本公演プログラム• 「ボリショイ・バレエ芸術監督襲われる 顔に液体、大やけど」 『読売新聞』 2013年1月19日付朝刊、第14版、第38面。 渡辺真弓監修 『物語とみどころがわかる バレエの鑑賞入門』 、2006年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 2013年1月26日閲覧。 NBS日本舞台芸術振興会ウェブサイト、2013年1月26日閲覧。

次の