フィレ ナイフ。 【楽天市場】狩猟・アウトドア > ナイフ > 日用刃物 > 調理用刃物 > フィレナイフ:ミリタリーショップ レプマート

元釣具屋がおすすめのフィッシングナイフを厳選!知らないと“捕まる”注意点|TSURI HACK[釣りハック]

フィレ ナイフ

オピネルのフィレナイフの仕様と特徴 出典: オピネルのフィレナイフは「Slim Line(スリムライン)」というシリーズです。 ブレードが極めて薄く、ステンレス製の鏡面仕上げで錆びが生じにくくメンテナンスも簡単です。 スリムラインシリーズは、「ブレードの長さ」と「ハンドル部分の素材(木材の種類)」によって複数のアイテムを選択可能です。 オピネルのフィレナイフは鏡面仕上げのため高級感が漂う こちらは「OPINEL オピネル No. 8 スリムナイフ フィレ ブビンガ」。 ブビンガとは木材の種類。 カメルーン由来の名前で、熱帯アフリカ産の常緑広葉樹で腐食に強い素材です。 色合いが赤茶で高級感がありますね。 ハンドル部分には、ストッパーがついています。 金属製のリングを回転させると、ブレードが固定されるため安全です。 こちらが収納した状態。 オピネルトラディションシリーズ同様、このハンドル部分が湿気をはらむと、ブレードを取り出しにくくなります。 対策としてはブレードを固定しているビス部分を少し削るか、オリーブオイル等に漬け込み、摩擦係数を減らす方法があります。 ブレードが薄くしなるため魚の皮をすくのに適している ブレードの厚さに注目。 右が「スリムライン フィレナイフ」。 左がトラディションシリーズ オピネルのフィレナイフは、ブレードの薄さから、しなやかに「しなる」性質があります。 小型の魚や丸みを帯びた胴体の魚の皮引きは一定のテクニックが必要ですが、シャープな刃のフィレナイフであれば比較的きれいに皮を引くことができるのです。 こちらは、フィレナイフでシロギスを3枚におろした状態。 皮引きは、魚体をまな板の手前側によせ尾側から手前に行うとスムーズに行えます。 ブレードが長いほどしなりがよくなるため、きれいにおろすことができます。 こちらが、フィレナイフで20cm程度の釣りたてのシロギスの皮をすいた状態。 比較的きれいに皮がすけるので、刺身をつくる際にオススメです。 こちらはマゴチのサク。 皮をすく際に半円状のためすき残しが生じやすいんですが、フィレナイフだとうまくいきます。 この通り。 骨がない肉や魚のスライスも得意 BBQで炙った鶏のもも肉の皮目もスパ! 魚の話をしましたが、オピネルのフィレナイフは肉を切るのにも最適です。 BBQ等で焼いたステーキ肉、鶏のもも肉などもきれいにカットできるのでアウトドアにも持ち運んでみましょう。 こちらはマゴチの昆布締め。 この通り、きれいにスライスできます! 使用上の注意点(切ってはいけないもの・保管方法・研ぎ方) 便利なオピネルのフィレナイフなのですが、注意点がいくつかあります。 フィレナイフで切ってはいけないもの まず、ブレードが薄く刃がかけやすいため、魚の中骨等の堅いものは絶対に切らないようにしましょう。 また板は木材が最適です。 鉄板等の上で肉を切るとすぐに切れ味がなまってしまいうので注意です。 保管の注意点 特にアウトドアで使用した際、水気が残ったままナイフのブレードを閉じると、ハンドル部分と固着しがちです。 使用後はしっかり水分をぬぐってから保管しましょう。 湿度のあがる梅雨時や秋の長雨などは特に固着しがちなので、定期的にブレードを稼働させたり、オイル等でメンテナンスすることをオススメします。 強力に固着してしまった場合等、どうしても開かない場合に無理をすると爪を破損するので注意が必要です。 突起のあるプライヤーで凹部分をつかみつつまっすぐに引っ張ると取れますが、多少傷はつきます。 オピネルのフィレナイフは長く愛せる一本 メインの用途によってブレードの長さを選びたい。 8は、シロギスやハゼなどの皮引きに最適 今回は、オピネルのスリムラインシリーズ「フィレナイフ」を紹介しました。 かなり切れ味の高いナイフながらも、使いどころを間違えるとすぐに切れなくなってしまいがちです。 用途を選びながら使うようにしたいですね。 オピネル製品のなかでは、トラディションシリーズより少し割高。 一方、鏡面仕上げで所有欲を刺激する一品。 丁寧に研ぎながら使えば末永く愛用できることでしょう。 お好みのアイテムを手に入れたら、長くつかっていきましょう。

次の

釣り フィッシングに適したナイフ 小物

フィレ ナイフ

釣り フィッシングに適したナイフ 小物 -刃物コラム- 釣具といえば各釣り具メーカー、シマノさんやダイワさん では釣用フィッシング用のナイフというと もちろん、そんな釣り具メーカーでも専用ナイフを出していますが ナイフを専門に扱っている山秀としてはちょっと物足りない。 というか「もっといいナイフあるよ!」ナイフ好きの方も密かにそう思っているのでは? そんな訳で、 釣り、フィッシングに適したナイフの紹介です。 最近では日本で開発された鋼材「H-1鋼」や、 ヨーロッパの鋼材メーカーBohler社の「N680」など 非常に錆びにくいステンレス鋼材も開発されています。 特に「H-1鋼」についてはお客様から「錆びてしまった…」ということを 一度も聞いたことがないスペシャルな鋼材です。 ステンレスの良し悪しは一概には言えませんが、おおよそ価格によって判断できます。 つまり、安いステンレス刃物=あまり良くない、ということが言えます。 この「良くない」ということは何かというと 「切れ味」が良くない「刃持ち」が良くない、ということ。 安いステンレス刃物でも余程のものでなければ、研げばしばらくはよく切れます。 山秀では扱っていませんが…。 先述の「H-1鋼」につきましては、 よく切れる種類のステンレス鋼と比べると切れ味に劣る印象は有りますが、 余程切れ味にこだわる方でなければ十分と言える切れ味です。 研ぎにくいと感じられる方はシャプトンがお勧め! とりあえず1000番(オレンジ)を試してみて。 荒研ぎが必要なときは320番(ブルーブラック)を併せてどうぞ。 家庭で庖丁を使ったことがあるなら庖丁より短いナイフは問題無いでしょう! 違いは庖丁よりナイフのほうが刃に厚みがあり、少々無茶な使い方ができるってこと。 シンプルな造りで手入れが楽です。 フォールディングナイフ(折りたたみナイフ、ポケットナイフ) 折りたたんで小さくなるため、 ポケットに入れたり、道具箱に入れたりして持ち運びに便利。 構造が複雑なため、可動部に汚れなどが入り込むと手入れが大変。 シースナイフと比べて安心なイメージがあるフォールディングナイフですが、 実際にはブレードが動くためシースナイフよりも扱いに慣れが必要です。 なんだかんだ言っても「これがいい!」っていうナイフがあるはず。 最初の1本は「好き・嫌い」で選んでみてもOK! 使ううちに自分にあったナイフが分かってくるはず。 それでも失敗したくない!という方は以下を参考にしてみてください。 このタイプの人には「H-1鋼」以外のナイフは考えられないとまで言われています。 身近なところだとパン切りくらい。 で、使ってみるとその切れ味に驚きます! 「波刃」って研げるの? 切れ味が直刃のナイフより長持ちしますが それでも研ぎ直したい場合には スパイダルコ トライアングルシャープメーカー でOK。 ベンチメイド社の使用鋼材で最もサビに強い鋼材を使用。 米国カーペンター社の鋼材、CTS「BD1」は錆に強いというデータ有り。 魚をおろすのに日本では馴染みが薄いですが 海外ではフィレナイフが一般的。 小さいサイズもあり。

次の

アウトドアで魚を捌くならフィレナイフがおすすめ。キャンプでも刺身を楽しもう。

フィレ ナイフ

出典:PIXTA 便利なフィッシングナイフですが、取り扱い時にはちょっと注意しておきたい点もあります。 以下の3点は必ず守って使用するようにしましょう。 そのため車に載せっぱなしはNGです。 フィッシングナイフは釣行時だけ持っていくようにしましょう。 使ってそのまま出しておくと釣り場に忘れる可能性が高まるだけでなく、踏んだり転倒したりした時に思わぬ事故につながってしまうことも……。 使ったら絶対に仕舞う癖付けをしておきましょう。 またフォールディングナイフやアーミーナイフでは、可動部に魚の身や鱗が挟まって乾燥すると刃が出せなくなってしまうこともあります。 使用後は水洗いして乾燥させるのが基本です。 切れ味が落ちた場合には、砥石で研いでおきましょう。 おススメのフィッシングナイフを厳選! ここでは、選んで間違いないフィッシングナイフを厳選してお届け! 想定する対象魚の大きさや必要とする機能を考えながら選んでみてください。 ダイワ フィールドナイフ SL-78 グリップを開き、刃を出したらグリップを閉じることでロックする画期的な構造の製品。 慣れれば片手でも刃を出せるので、魚をフィッシュグリップで掴んだままナイフを取り出して締めることも可能です。 スピーディーにナイフを使いたい方におすすめです。

次の